アメーリカーンな食事あれこれ

 観劇旅行の合間に食べたものの備忘録。

 到着日駆けつけ観劇のあとはソーロンタン。ここ数回の滞在で毎回訪問してたのだけれど哀しいかな1月1日をもって閉店してしまった・・・。
 二日目はCherche Midiでステーキとハンバーガーという「アメリカらしい」ランチ。
 同じくソワレ後はチキンオーバーライス。
 深夜の禁断にMaison Kaiserのケーキをば。実は滞在中もう一度この禁断を破ってしまったわw
 三日目の朝はFairwayで朝食。このトマトタルト、意外にいけた。
 コンサートのあとリンカーンセンター前のEd's Chowder Houseでクラムチャウダーとロブスタロールを。ここはあたりだったな〜。また観劇後にリピートしたい。
  大晦日は朝食もそこそこに夕食の買い出しに。そのままマチネみたのでお腹ぺこぺこ。けれどソワレまで間がないのでホットドッグをテイクアウトしてホテルで食べる。
 そしてソワレ後は部屋で。なんかサバイバルな感じだなあ・・・。
 夜更かしし過ぎて昼まで寝てしまった元日。今回唯一まともな夕食はAi Fioriにてプリフィクスのコースを。こちらは最後のデザート。
 最終日の昼食は結局Fairwayのハンバーガーで〆。
 (やっぱりちゃんと食べてない、って叱られそうだな・・・)
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-18 12:35 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

The Merry Widow

 大晦日は三年連続となるMETガラ観劇。今年はThe Merry Widow(原題:Die lustige Witwe)。昨年のDie Fledermausに引き続きウィーン初演のオペレッタを英語バージョンで。

 今年も贅沢な席で楽しませていただきました(幕間の振る舞い酒、おかわりしちゃった♡)
 耳慣れた音楽、華やかな演出、芸達者な役者さんたち。特に今回はミュージカル界からケリー・オハラ嬢が出演ということで注目されていたのだが、さすがのコメディエンヌぶりでいい意味でオペレッタそのものだった。歌に聴き入ってうっとりというより芝居を楽しむという感じ(褒めてます)。
 惜しむらくはこの季節のリンカーンセンターの風物詩だったクリスマスツリーがなくなっていたこと(経費節減らしいが、そりゃないよ・・・って感じだったな。来年は復活求む!!)。
Hanna Glawari; Renee Fleming
Count Danilo Danilovich; Nathan Gunn
Valencienne; Kelli O'Hara
Baron Mirko Zeta; Sir Thomas Allen
Camille de Rosillon; Alek Shrader
Njegus; Carson Elrod

指揮;Sir Andrew Davis

■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-17 14:18 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

The Nutcracker@NY City Ballet

 さて大晦日。マチネにはクリスマスから年末の定番バレエ:くるみ割り人形を観た。60周年を迎えたNYcity balletの公演であります。ジョージ・バランシン演出。
 演目が演目だけあって劇場には可愛らしいお客さんがたくさん。

 まーあ、とにかく可愛らしい演出。子供たちが大活躍(しかも上手!)前半は裕福で暖かい家庭のクリスマスパーティの様子が楽しげに、後半はまるで砂糖菓子のような子供らしい夢の世界。童心にかえらせてもらった。そしてNYに暮らしていた幼稚園のころのクリスマスを思い出してちょっとうるっとしちゃった。

 衣装の一部が展示されていた。このねずみがツボw
 
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-15 19:38 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

NYP+Trifonov

 とっとと書かんと忘れてしまうわ・・・

 さて折り返し。ここからはリンカーンセンター三連発。まずは30日ソワレにNewyork Philharmonic の定期演奏会をば。過去2年連続でリハ見学はしていたけれど本番は実は全くの初めて。
そのリハとそれほどお値段変わらない席(30ドルちょっと)。隣には小学生くらいの女の子連れのお母さん。ずっとその女の子が可愛らしく楽しそうに指揮をしていて、普段ならちょっといらっとするところだけれど、まあ安席だからええかあ、と妙に寛容になったりして(笑)。

Rimsy Korsakov; Capriccio espagnol, Op.34
Rachmaninoff; Piano Concerto No.1 in F-sharp minor, Op.1
Piano: Daniel Trifonov
アンコール Debussy; The Reflection of the water
Tchaikovsky; Symphony No.6 inB minor, Op.74

Conductor; Juanjo Mena

 ラフマニノフピアノコン1の緩急の付け方の派手さ加減はTrifonovくんならではかと思いきや、チャイコフスキーもなかなか独特のテンポだったのでどうやらMena氏のカラーなのかも。ケレン味たっぷりとでも言いましょうか。けれどイヤミじゃないのだ。華やかで楽しい選曲で年末気分も盛り上がったなあ。悲愴はやっぱり第三楽章で盛大に拍手出てたな〜。って拍手するなというほうが無理な曲だわよねww
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-13 20:41 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

Hedwig and the angry inch

 二度目のHedwig。GWに冒頭見逃してしまったリベンジ。

〜キャスト〜

Hedwig; Michael C. Hall
Yitzhak; Lena Hall
Skszp; Justin Craig
Jacek; Matt Duncan
Krzyzhtoff; Tim Mislock
Schlatko; Peter Yanowitz

 NPHに比べるとマイケルさんはゴツくて決して美しくはない。ないのだが、まるでNPHショーだった前回に比べてヘドウィグの物語がずしんと胸に来たのは何故だろう。やはり最初からちゃんと観れたせいか?w いやでも実は意外に見逃した時間は短かったのだよね (Origin of Loveからは観れていた)。あとからつらつら思い出していたのだけれど、マイケルさんはヘドウィグのドイツ語なまりの英語をはじめ、彼の語る人物の口調による演じ分けがより細く感じられた。そのぶんヘドウィグの人生がくっきり見えたような気がする。こうやっていろんなキャストの違いを観ることで理解が深まるのはリピートならではよね。ってよく考えたら海外観劇で一つのミュージカルをリピートしたのってTdVにElisabeth、そしてLes MisとこのHedwigになるのかな。他三つは本当に大好きな作品と断言できるんだけど、この作品もone of the best に数えることになるのかしらん(今はまだ自分でもわからない)。

 それにしても1月21日からのJohn Cameron MitchellのHedwigを観ることのできる人たちが心底羨ましいよ!
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-08 23:15 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

A Gentleman's Guide to Love and Murder

 2本目はこちら。
ジェファーソン・メイズの七変化(正確には◯変化)が話題の2014年トニー賞受賞作品。
 〜キャスト〜
Monty Navarro; Bryce Pinkham
Asquith D'Ysquith Jr./Lord Adalbert D'Ysquith/Reverend Lord Ezekial D'Ysquith/Lord Asquith D'Ysquith Sr./Henry D'Ysquith/Phoebe D'Ysquith/Lady Hyacinth D'Ysquith/Major Lord Batholomew D'Ysquith/Lady Salome D'Ysquith Pumphrey; Jefferson Mays
Miss Single; Barbara Marineau
Sibella Hallward; Lisa O'hare
Phoebe D'Ysquith; Catherine walker

 やー、笑った笑った。メイズ演じるD'Ysquithの人たちががどんどん始末されていってしまうのだけれど、陰湿さはかけらもなく。少しクラシックなイギリス喜劇を見ているようなノリ。最後の最後まで仕掛けがたっぷりで、まぁよく出来てたこと。それにしても恐るべきD'Ysquithの血の遺伝的強さよ。そう思うとひょっとしてMontyは担がれただけなのか・・・?なーんて妄想も広がりつつ。いやはやさすがのTony winnerでありました。
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-07 14:49 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

Rock of Ages

 到着日、初めてtktsに並んでみた(ええ実はそうなんです)。当初はノームさんがファントムを演じるPOTOを観ようかなあと漠然と考えていたし、モニターにも30%offでリストされてたんだけど、いざ窓口に到達したらsold outとのこと。そこで急遽観ることにしたのがこれ。
席はこんな感じ。
 〜キャスト〜
Drew; Constantine Maroulis
Sherrie; Lauren Zakrin
Stacee Jaxx; Chester See
Lonny: Genson Blinline
Dennis; Adam Dannheisser
Justice; Teresa Stanley
Regina; Josephine Rose Roberts
Herts; Paul Schoeffler
Franz; Frankie J. Grande

 主人公のDrewのオリジナルキャストであるマロウリスが出演しているというのが決め手になったようなもんだな。

 実はこの舞台2011の5月にも観ている(→そのときの日記)。そのときは若い二人の物語というより、狂言回しのロニーとデニスが食ってしまってる感じだったんだけど、この日はさすがに違った。マロウリスくんはさすがに10代には見えないけれども違和感無くDrewだった。むしろジキハイのタイトルロールを演じていた(私は観ていない)のが想像つかないような、内気なのに歌うといきなりロックなワカモノぶりで嬉しくなってしまう。

 そうそう、劇場に行ってみてわかったのだが、1月18日でクローズしてしまうとのこと。それに合わせてか、ロニー役のオリジナルキャストMichael Jarvisも今週末から出演するらしい。ラストに向けてさらに大盛り上がりになるんやろうな。そういう風に終われる作品って幸せだよね。
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-06 22:13 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

やはりこんなお休みでした(笑)

 年末年始は今年もNYにて観劇三昧してきました。これで3年連続。舞台観て、深夜までおしゃべりして、身体に悪いものたっぷり食べて、朝日を眺めて、だらだら二度寝して、がしがし散歩して、また舞台観て・・・てな生活。

 いつもにも増してあっという間に終わってしまったお休み。さて、明日から次の楽しみのために頑張るとしますか。今年もよろしくお願いいたします!





■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-04 14:45 | 14/NY・GVA・NY | Trackback | Comments(0)

2014年観劇記録

 新年早々ではありますが、まずは去年の観劇リストメモ。

  ええと、48回、かな?久々のリピートはマシューボーンの白鳥の湖×4 と ヘドウィグ×2。ミュージカルが正味三回だけ(コンサートは省いてということね)、あと歌舞伎が一回だけってのがあらら、という感じ。自分でも少し興味の方向が移ろってる気がする。

<ミュージカル>

クリエミュージカルコンサート (シアタードラマシティ)
ダディ・ロングレッグズ (ブリーゼホール)
レディ・ベス (梅田芸術劇場)
ミュージカル・ミーツ・シンフォニー (オーチャードホール)
ジーザス・クライスト・スーパースター (京都劇場)


<歌舞伎>

七月大歌舞伎(松竹座)

<オペラ>

死の都 (新国立劇場)
ローマ歌劇場来日公演;シモン・ボッカネグラ (東京文化会館)
ローマ歌劇場来日公演;ナブッコ (NHKホール)
佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2014 コジ・ファン・トゥッテ (兵庫県立芸術文化センター)
マリボール歌劇場来日公演;アイーダ (神戸文化ホール)

<クラシックコンサート>

テミルカーノフ指揮 サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団 (シンフォニーホール)
 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (庄司紗矢香)
 チャイコフスキー:交響曲 第4番

アンドラーシュ・シフ リサイタル (いずみホール)
 ベートーヴェン:6つのバガテル op.126
           ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 op.111
           ディアベッリの主題による33の変奏曲 ハ長調 op.120

リッカルド・シャイー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団  (フェスティバルホール)
 メンデルスゾーン:序曲「ルイ・ブラス」op.95
 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 (五嶋みどり)
 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47

リッカルド・シャイー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (京都コンサートホール) 
 マーラー:交響曲第7番 ホ短調「夜の歌」

下野竜也 シューマン&ブラームス プロジェクト 【第2回】 (兵庫県立芸術文化センター)
 ブラームス:ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 op.83 (河村尚子)
 シューマン:交響曲 第3番 変ホ長調「ライン」op.97

ラン・ラン ピアノ・リサイタル (兵庫県立芸術文化センター)
   モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第5番 K.283
           ピアノ・ソナタ 第4番 K.282
           ピアノ・ソナタ 第8番 K.310
   ショパン: バラード 第1番 op.23
         バラード 第2番 op.38
         バラード 第3番 op.47
         バラード 第4番 op.52

下野竜也 シューマン&ブラームス プロジェクト 【第3回】 (兵庫県立芸術文化センター)
   ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 (郷古 廉)
   シューマン:交響曲 第2番 ハ長調 op.61

下野竜也 シューマン&ブラームス プロジェクト 【第4回】 (兵庫県立芸術文化センター)
   ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 op.102 (三浦 文彰、山上 薫)
   シューマン:交響曲 第1番 変ロ長調 「春」op.38

ベルリンフィル 12人のチェリストたち (郷の音ホール)

ワレリー・ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場管弦楽団 (ザ・シンフォニーホール)
   ストラヴィンスキー:バレエ音楽 「火の鳥」(1919年版)
   マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調

ミュンヘン・バッハ管弦楽団 ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会 (ザ・シンフォニーホール)
   J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲

マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 (京都コンサートホール)
 ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調「新世界より」
 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
 R.シュトラウス:組曲「ばらの騎士」


マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 (兵庫県立芸術文化センター)
   ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番(ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン)
   ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」

<その他>

IL DIVO コンサート (フェスティバルホール)
酒と涙とジキルとハイド (東京芸術劇場)
蒼の乱 (梅田芸術劇場)
War Horse (東急シアターオーブ)
マシューボーン版 白鳥の湖 (シアターオーブ)×4
ボリショイ来日公演:ドン・キホーテ (びわ湖ホール)

<番外編 海外にて>

Kinky Boots (Al Hirschfeld Theatre,NY)

New York Philharmonic Open Rehearsal (Avery Fisher Hall, NY)

Twelfth Night (Belasco Theatre,NY)

Betrayal (Barrymore Theatre,NY)

La Cenerentola (MET, NY)

Les Miserables (Imperial Theatre, NY)

Così fan tutte (MET,NY)

Cabaret (Studio 54, NY)

Hedwig and the Angry Inchi (Belasco Theatre, NY) ×2

Madama Butterfly (MET,NY)

Rock of Ages (The Helen Hayes Theatre, NY)

Gentleman guide love and murder (Walter Kerr Theatre, NY)

New York Phil; Tchaikovsky's Symphony No.6 (Avery Fisher Hall, NY)

George Balanchine's The Nutcracker (David H. Koch Theater, NY)

Merry Widow (MET, NY)

2015年も心震える舞台にたくさん巡り会えますように。

過去の観劇記録→2009年2010年2011年2012年2013年
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2015-01-04 14:33 | 徒然やら日記やら | Trackback | Comments(0)

Season's greetings, 2014

いろいろあって気ぜわしくなってしまった2014年の終わり。

心の余裕のなさそのままに、iPhoneの中にもあまりクリスマスらしい写真が残っていない、中からほんの少し。

12月1日撮影の写真。
ずっと折々にお買い物させてもらってるアトリエナルセさんのクリスマス企画から「きょうの夜、ゆきが降った。」という名前のついた器を自分のために買った。
来年3月に引退される広実先生の最後のシュトーレン。手に入らなくて嘆いていたら友人のお母様が贈って下さって感涙。
ブログやTwitterつながりの方々からのお便り。お忙しい年の瀬に私のことを思い出してくださってありがとうありがとう。
皆々様方、お健やかで穏やかなよいお年をお迎えになりますように。
■  [PR]
# by tigersandcatlover | 2014-12-25 20:41 | 徒然やら日記やら | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY

タグ

(144)
(69)
(56)
(55)
(43)
(31)
(21)
(21)
(16)
(9)

リンク

お気に入りブログ

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

最新のコメント

あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00
面白そう!原作を読むのは..
by あっくん at 16:43
ドリさま こんにちは! ..
by tigersandcatlover at 09:17
今頃ですが偶然こちらを拝..
by ドリ at 10:43
Ballet bearさ..
by tigersandcatlover at 22:04
ぎゃーーー、爆笑してしま..
by Ballet bear at 21:04
うわわ、Ballet b..
by tigersandcatlover at 13:46
過去まで遡って頂いている..
by Ballet bear at 01:29
Ballet bearさ..
by tigersandcatlover at 11:16
きゃーーっ、すでにいらし..
by Ballet bear at 22:59

ファン

記事ランキング

宍道湖しじみ饅頭
直島の猫たち
Ludwig II
British Ai..
月曜日に開いてる美術..
マシュー・ボーン版 ..
有閑マドモワゼル 長..
医者のファッション考
ベタベタなミラノ観光..
10 ベネッセハウス~フォ..

ブログジャンル

旅行・お出かけランキング
演劇ランキング

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite