顔見世でござる

e0164774_17474999.jpg


京都の冬の名物詩、
南座での吉例顔見世興行が
始まりました。

今年は夜の部が
超人気で即日完売。
その分、昼の部は
ものすごくいい席が空いていた。
顔見世が一種の年末の行事と
なっている私たちは
よろこんで昼の部へ行くことにした。

四条あたりは大賑わい。
さすが紅葉の季節の京都。



いい席と言うのは特別席。いわゆる桟敷席であります。
ええと、堤燈があるあたりの席ですね。
e0164774_175179.jpg
ドアを開けると5人ずつくらいのボックスになっていて靴を脱いであがる。
畳に座椅子に座布団だけど、掘りごたつ式なので正座はしなくていい。
卓がついてるのでお茶やら、番附やら、イヤホンガイドやらが置けて便利。
自宅で過ごすようなくつろぎモードで舞台が観られるだなんて夢みたい。
もう、ここに住みつきたいくらいやわ~。

さて、アホなこと言うてないで、はじまり、はじまり。



e0164774_1861036.jpg
第一 正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
          曽我五郎時致  愛之助
           小林妹舞鶴  孝太郎

お正月と言えば江戸歌舞伎の代表的な荒事である曽我モノの舞踏。
甘いマスクのイメージの愛之助さんが曽我五郎!?
いやいや、けれどしっかりお似合いでした。

第二 八陣守護城(はちじんしゅごのほんじょう)

   湖水御座船の場
            佐藤正清  我 當
            斑鳩平次  進之介
            正木大介  愛之助
              雛衣  秀太郎

徳川家康に毒を盛られた加藤清正が、その帰りに琵琶湖の船上で
長男の嫁の琴を聴いている。
そこへ、毒の効き目を伺いに家康の家来がやってきて・・・という場面。

船の大道具がぐるうりと廻って舳先に立つ清正は
やはり毒にやられている。けれど精神力で
”はて、うららかな眺めじゃなあ”と平然を装う。

第三 藤娘(ふじむすめ)
             藤の精  藤十郎

喜寿を超えた人間国宝・藤十郎さんが舞う舞う。
毎年びっくりさせられ続けているが、ともかく妖艶、なんである。
歳の割りに、では断じて、ない。

ここでお昼ごはん。
せっかくの桟敷席だったので、今回はお弁当買って席で食べることにした。
e0164774_17565451.jpg
番附とお弁当。
e0164774_17575611.jpg
なんや、これ?って感じですね。
正体は巨大な鰻巻(というかうな重を玉子焼きでまいたもん)であります。
これと巻き寿司を二人で分けました。

さて、後半。
e0164774_18191436.jpg
第四 梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)
   鶴ヶ岡八幡社頭の場
          梶原平三景時  吉右衛門
         青貝師六郎太夫  歌 六
              娘梢  芝 雀
       梶原方大名山口政信  桂 三
          同 川島近重  亀 鶴
          同 岡崎頼国  種太郎
          同 森村宗連  吉之助
          囚人剣菱呑助  由次郎
          飛脚谷山早助  錦之助
          俣野五郎景久  歌 昇
          大庭三郎景親  我 當

去年の顔見世では幸四郎さんの景時を観たが、
今回の吉右衛門さんのほうが声が断然好みなんだった。
幸四郎さんはちょっと声がこもって聴き取りにくかった、かな?

若手の亀鶴さん、結構好きなんだけど、小さい役で残念。

第五 ぢいさんばあさん
           美濃部伊織  仁左衛門
          宮重久右衛門  翫 雀
          下嶋甚右衛門  海老蔵
           柳原小兵衛  門之助
            山田恵助  桂 三
           石井民之進  猿 弥
            戸谷主税  薪 車
            宮重久弥  愛之助
           久弥妻きく  孝太郎
           伊織妻るん  玉三郎

仁左衛門さんと玉三郎さんのアツアツの若夫婦が
37年離れ離れになったあと再会するのだが
この若・老夫婦の姿の対比が素晴らしくて泣かせる。
仁左衛門さんは歳取ってお茶目でダンディなおじいちゃんに。
玉三郎さん、役の上では66歳なんだけど、
まるで80代のおばあちゃんみたいな動き。
なんか、泣けた。二人の年月を思って泣けた。
でもハッピーエンド、と言っていいんだろう。
じんわりとした涙でありました。

海老蔵さんが、酒癖の悪い憎まれっ子
(伊織にからんだあげく、殺されてしまう)を楽しそうに演じていた。
彼がこういう役ってめずらしいよね。

久しぶり(夏以来?)の歌舞伎。南座はやっぱりええなあ。
お客さんの雰囲気が他の舞台とはかなり違う。
着物率・高齢者率高し。

京都に生まれて歳を重ねていくってなんかうらやましい
(他所さんから入っていくのはしんどそうやけど)。
お年寄りの社会的居場所があるというか、
楽しめる文化をきちんと持ってる気がするんだった。
単なる羨望的偏見かもしれないけれど。
[PR]
by tigersandcatlover | 2008-12-07 21:19 | 歌舞伎・文楽


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH-MUC・バイロイト・LA

タグ

(148)
(123)
(94)
(85)
(63)
(37)
(34)
(23)
(19)
(13)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧