<   2010年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

プラチナシートで阪神vs巨人戦!

 もう今年の野球観戦はこれでおしまいと思っていたのだが・・・(前回の観戦日記)。

 まだ夏の名残りを残しつつの秋風が心地よい9月の夜、今一度甲子園に応援に行くことができた。相手は二位争いの真っ只中の読売ジャイアンツ。

 まずは甲子園では脂を摂取せねばならぬ、とばかりに金本兄貴のスタミナハラミ弁当をば(大人二人はビールで乾杯!)。
e0164774_0154618.jpg
~9月29日 対巨人戦 試合経過~

 先発は阪神は能見、巨人はゴンザレス。三回表にラミレスにタイムリーを打たれて一点先制されて非常に嫌なムードだったのだが、続く阿倍のヒット性の当たりを今日先発出場のファースト関本が止めて後続を断つ。その裏、その関本のヒットから坂のホームランかと思われるような見事な三塁打(一旦写真判定になったくらい)で同点。マートンの犠牲フライ、新井のタイムリーで点を重ねて3点取って逆転に成功。その後はチャンスらしいチャンスはなかったものの、能見→久保田→藤川球児と完封連携して勝利。
e0164774_014102.jpg
 この日は今季初三塁側内野席での応援とあいなった。が、それがもの凄い良席。ほとんどグラウンドと同じ高さなのだった。ひえ~。甲子園タイガースファン歴○十年のワタクシ。球場へ足を運んだのもかれこれ軽く150回は超えていると思うが、こんなにいい席ってマジに初めてであります。

 ラミレスがすぐそこに(ま、そらどうでもよろしい)。
e0164774_0144743.jpg
 球児だってこんなに近い。
e0164774_0152388.jpg
 普段はスタンドにいてもどこか遠くで起こっていることをのんびり見ているような気持ちで、やや冷静に試合状況を追っているようなところがあったと思う。ところが、ここまで凄すぎる席だと巻き込まれというか、そこにひたすら呆然といるという感じになるんだった。そう、見ると言うより、体感するという感じ。ちょっとこういう感覚は新鮮だったな。

 一緒に食べたり笑ったり愚痴ったり叫んだり、最後は万歳三唱して六甲颪~ヒッティングマーチまで力いっぱいつきあってくれたHちゃん。そして、慣れない球場だったろうに何かと同行の我々を笑わせてくれたマダムM、なによりこんな素晴らしい席を用意して下さったCさん、ありがとうございました~~。

 
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-30 00:21 | 野球(タイガース)

MIRA SPA!

 さて、香港に到着してyちゃんたちと合流して一番最初にしたこと。それは翌日のマッサージの予約!で、当日向かったのはホテル;The MIRA
e0164774_21572346.jpg
その地下三階に目指すMIRA SPAがありました。
e0164774_2159386.jpg
このライトを曲がるとプールがまず見えて(写真撮るの忘れた)右にレセプションがある。
e0164774_21593527.jpg

レセプション前のソファからプール側をみたところ。
e0164774_2212827.jpg
e0164774_223997.jpg
シャワー浴びてジャグジーで身体を温めたら予約時間までウォーターベッドの上でリラックス。なんかこのカーテンが病院のベッドを彷彿させるけど・・・。
e0164774_2221124.jpg
 選んだコースは60分のボディマッサージ。途中ホットストーンを使っての施術だった。

 ところで、やっぱり部屋が寒かった(何度も温度を上げてもらったがそれでも尚)。術者は服を着てるし、身体を動かしているわけだから体感的には丁度いいのかもしれないが、こちらは半ば裸なのだからもうちょっと考えて欲しい~。ホットストーンがむちゃ心地よく感じたことでありました。

 ま、でもそれ以外はお値段も含めて大満足(ちなみに私が受けたコースは800ドル+チップ)。次回香港旅行するなら、どこをリピートしたい?と訊かれたら、迷わずここと前日の松記糖水店(リンクは拙日記)の2軒を上げたいと思う。

e0164774_2242095.jpg さて、身体が冷えたのはSPAの冷房のせいもあったが、実は思いっきり空腹なのだった。朝食を食べたのが9時頃。それも午前中にお粥を食べに行くかもしれないと思ってちょっとセーヴしてしまっていた。で、結局お粥屋へ行く時間がなく、そのまま飲まず食わずでマッサージへ行き、終了したのが2時半。そらお腹空くわよね。
 
 てことでホテルの近くの源記焼味粉麺茶餐廳で温かい麺を食べる。ここはyちゃんたちが初日の夜、深夜到着便で香港入りして夜食を食べたお店らしい(詳細はyちゃんの日記へ)。日本の麺類から考えるとどうにも固め。でもお腹空いてるのと寒さでぐいぐい平らげてしまいましたよ。ふぅ。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-29 00:15 | 海外旅行 アジア

ヴィクトリアピークへ

 二日目の朝。ヴィクトリアピークを目指してスターフェリーで香港島へ渡る。本当にふらり、と乗船する感じでむちゃくちゃ気楽な短い船旅。
e0164774_7473646.jpg
e0164774_748192.jpg
e0164774_7481857.jpg
夜のヴィクトリア湾とはずいぶん表情が違う。
e0164774_7483834.jpg
スターフェリーだけに椅子には☆のマークが。
e0164774_749114.jpg
 下船してからはピークトラムは登りが大混雑するというyちゃんの下調べに従って、バスで頂上駅まで登ってしまうことにして15番のバスに乗り込んだ(ちなみに登山口行きは15C)。二階建てバスの上階に座ったのだが、これがなかなか眺めよく、山に至るまでの街中を走るあいだも楽しい。トラムもこんな感じなのかな~(今回結局一度も乗らなかったけれど)。

 山上に登ると、下界から見えていた杯のような建物が目に入った。
e0164774_749307.jpg
この建物の最上階に展望台があってそこに入るだけで20ドルくらいだっけ?ともかく数百円かかる。が、高いところ大好きなので(なのか?)支払って外に出る。おー、素晴らしい眺望。
e0164774_7495946.jpg
 下りはトラムを利用。
e0164774_7502473.jpg
下へ行けば行くほどに傾斜が厳しくなってきて背中にGがかかる。高層ビルの下層がまるで森の最下層のように見えたっけなあ。物語自体は決して好きじゃなかったのに、何故か池永永一のシャングリ・ラ(リンクは拙日記)を思い出した。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-28 07:52 | 海外旅行 アジア

ボストン美術館 浮世絵名品展

e0164774_21524318.jpg いつにもまして内容の薄い日記ですが、自分の備忘録のために。

 神戸市立博物館で9月26日まで開催されていたボストン美術館 浮世絵名品展。終了直前に飛び込んだこの展覧会。平日の昼だったのだがお年寄りたちでなかなかの混雑。でもやっぱり行ってよかった!

 鳥居清長、喜多川歌麿、そして東洲斎写楽(なんと21点来ていた)。左はポスターやチケットにも掲載されている写楽の『市川男女蔵の奴一平』寛政6年(1794) 5月。「恋女房染分手綱」の「涼みの段」より。

 当たり前だけど、歌舞伎を観るようになってから浮世絵が特に楽しい。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-27 22:02 | おでかけ

香港で夜遊び

 普段なら11時半就寝というお子ちゃまなワタクシ。でも旅先では寝るのが惜しいというもの。てなわけで夕食後、タクシーで香港島は太古(Tai Koo)へ向かう。お目当てはHotel Eastのバー;Sugar(クリックすると音楽が流れます)。
e0164774_1957141.jpg
広いテラスが気持ちよさそうだったけど残念ながらそこは満席(この写真はホテルのサイトから拝借)。
e0164774_19562231.jpg
実際はこんな感じ。
e0164774_19593479.jpg
とりあえず乾杯~~!
e0164774_2004052.jpg
やー、もうこんなとこ何年くらい来てへんやろか・・・。おばちゃん丸出しで、おとなしく座ってチビチビ飲む。会話もしずらい音響なんだもん。もともとたいしたナイトライフの経験がないせいもあって、なんか眩しいものを見るような気持ちできょろきょろしてしまった(笑)。

 このあとは深夜1時にタクシーで九龍へ戻り夜中2時まで開いてるマッサージ屋さんで、10分の足湯と30分の足ツボマッサージしてもらって、ようやく長い初日は終わったのだった。なかなかにハードだ!
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-27 07:46 | 海外旅行 アジア

東京セレソンデラックス くちづけ

 東京セレソンデラックスの10週年記念公演でもあり、3年ぶりの新作でもある『くちづけ』を観た。
e0164774_10165998.jpg
 脚本・演出;宅間孝行

 愛情いっぽん;金田明夫、マコ;加藤貴子、国村先生;石井愃一、国村真理子;藤吉久美子、芳賀優里亜、夏目ちゃん;伊藤高史、袴田さん;大見久代、酒巻くん;須田尾由二、みなみ;尾畑美依奈、島ちん;たなかたく、頼朝くん;菊池優、智ちゃん;東風万智子、うーやん;宅間孝行


 小児科の先生が経営する小さなグループホームが舞台になっているのだが、下宿屋のようなセットに宅間さんが姿を見せて一言発しただけで、設定がすべてわかるのが凄い。これ以上はネタバレになるのであまり書きたくない。バレても何ら損なうものではないんだけれど。全く予習せずに劇場に向かった私たちでさえ、冒頭15分だけで一体何が起ったかわかってしまい、あとはただ呆然とその結末に向かうさまを観るだけ。けれどなんとそれが感情を揺さぶることか!

 前回観た彼らの舞台(リンクは拙日記)で膝がぬれるほどにポタポタと涙を流してしまったことから学習してタオルを手に持っていたが、それでもエライことになってしまった。終演後、一緒に観劇した女友達と泣きはらした目で蕎麦を食べて二人並んで列車で帰路についた。一体何があったんやと思うような二人連れに見えたことだろう。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-26 10:17 | その他の舞台

糖朝で晩御飯

 夕食は 糖朝 にて。日本にもいくつか支店があるが、私は行ったことがなかった。
e0164774_9142822.jpg
 20人ほど行列していたが30分しないうちに店内の一番奥の席へ案内される。ここがいやさ、寒かった!冷房の吹き出し口の真下だったんやもん。夜の蒸し暑さに汗だくになっていたので、はじめは気持ちいい~とか言ってたのだけれど、みなどんどん冷えて温かい料理がうれしく感じてしまう。
e0164774_915263.jpg
 めいめいバラバラに頼んだら炭水化物ばかりになっちゃった(笑)。みんなお腹空いてたのね・・・。
e0164774_911404.jpg
e0164774_912818.jpg
e0164774_9122575.jpg
デザートにはやっぱりマンゴーをば。
e0164774_9124491.jpg
身体が冷えたところに来た熱い豆腐花がむちゃくちゃおいしかった~~。
e0164774_913370.jpg
 店を出たのが11時ごろ。今日はこれでおしまい??いやいや、香港の夜は長いんでありましたよ・・・。

 
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-25 22:36 | 海外旅行 アジア

アクア・ルナに乗る

 甘いもので元気が出たので、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)界隈を少し散策してオリジナルの判子なんかオーダーしちゃったりなんかして、ペニンシュラのザ・ロビーで一杯ひっかけて、香港藝術館界隈の海沿いへ向かう。

 素晴らしい夜景。
e0164774_22495583.jpg
e0164774_22503065.jpg
昨日はもっと靄が晴れて美しかったらしいが、十分美しい。

 ここからAcua Lunaに乗って船上から香港名物 A Symphony of Lights (ヴィクトリア港の両側のビルが音楽にあわせてレーザーライトで夜空を飾るショー;毎夜20時から約15分間)を楽しむ計画だ。まったく、旅先で船というものがあったらつい乗ってしまうんだよな~~。

 船がやってまいりました(手ぶれ防止機能ナシのデジカメなのでこのあとブレまくりです・・・)。
e0164774_2251618.jpg
 二階に上がるスペースもあったが、屋根のない開放的な帆先に陣取る。
e0164774_22525787.jpg
 蒸し蒸しとした夜だったけれども船に乗ると風が心地よい。ワンドリンクが料金に含まれているので飲み物片手にノリのいい音楽と光を楽しんだ。

こちらは香港島側。
e0164774_22534072.jpg
e0164774_2254843.jpg
これは九龍側。左から三つ目の背の高いビルが宿泊先のHotel Panorama。
e0164774_22543442.jpg
 ショー自体は案外あっけなくて、え?もう終わり?な感じではあったな(爆)。でもこの時間に一番強烈に「ああ~香港に今いるんだ!」と感じたような気がする。船ってどこか非日常な高揚感があるから相乗効果だったのかもしれん。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-24 20:04 | 海外旅行 アジア

小さな村の小さなダンサー

 映画 小さな村の小さなダンサーを観た。微妙な邦題のタイトルのせいか全然チェックしてなかったんだけど、とある方に強烈に薦められて。

~あらすじ(映画.comからコピペ)~

中国出身の名ダンサー、リー・ツンシンの半生を、「ドライビング・ミス・デイジー」のブルース・ベレスフォード監督が映画化。1961年、中国・山東省の貧しい村に生まれ育ったリーは、毛沢東夫人・江青の文化政策により、家族から遠く離れた北京で舞踏学校に通うことになる。愛国心をあおる厳しいバレエの特訓になじめず落ちこぼれていたが、やがて新天地アメリカでその類いまれなる才能を開花させていく・・・


 10歳かそこらで、体格と身体能力からだけで選別されて、親から引き離されて、強制的にバレエを習わされる子供たち。 技術は素晴らしいが機械みたいに無表情なバレエしか踊れなかった彼が、アメリカでどんどん叙情的な表情を出していくところがすごおおおくよかった。
e0164774_1025249.jpg
 亡命のあれこれはノンフィクションということもありそれほどドキドキしなかったけれども、両親との再会のシーンではわかっててもぐーっと来てしまったよ。

 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパルのツァオ・チーが主人公のリーを演じているのだけれど、バレエは当然のことながら演技も自然で素晴らしかったなあ。でもよく考えたらバレエは演劇的要素が大切だもんね、当たり前か。

原題はMao's Last Dancer。←絶対こっちのほうがいいよな~。

2009年オーストラリア映画
監督:ブルース・ベレスフォード
製作:ジェーン・スコット
脚本:ジャン・サーディ
出演:ツァオ・チー、ブルース・グリーンウッド、アマンダ・シュル、カイル・マクラクラン、ジョアン・チェン
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-23 22:35 | 映画

芒果!

 今回とにかく食べたのがマンゴーのデザート。で、そのまず第一弾が 松記糖水店 。チェックインして荷解きもそこそこにMTR佐敦(Jordan)駅から程近いところにあるその小さな店までタクシーで乗り付ける(余談だけどタクシーがとにかく安い!初乗り18ドル=200円くらい。なのでついついどこへ行くのにも気軽にタクシーに乗ってしまったのだった)。

 日本語メニューがあるが、当然日本語は通じない(笑)。指差しでおばちゃんに注文する。相席になったおっちゃんが「ニホンジン?」とニコニコと声をかけてくる。
e0164774_15355656.jpg
 マンゴー綿綿氷。タピオカ(これがまたデカイ!)に練乳かけてもらった。
e0164774_15382397.jpg
 西瓜にゼリー。ちょっとあっさり。
e0164774_15385699.jpg
 マンゴーにココナッツゼリー・仙草ゼリー・バジルシード・豆にタロイモやらが入っていてなかなかのボリューム。でも甘すぎない。
e0164774_15393488.jpg
 可笑しいかったのが、yちゃんが「この綿綿氷にマンゴーをトッピングしてもらいたいよね~」とつぶやいた途端、おばちゃんが耳ざとくやってきて、なんとか追加注文を取ろうとはりきったこと。メニューをよく読むと、フルーツ(これが「フルー」になっててさらに笑えた)のトッピングは+5ドルと書いてある。で、すでに半分くらい食べた皿に5ドルでマンゴーを足してもらえたらとド厚かましいことを考えて、いろいろ身振り手振りで交渉するのだが結局通じず。最後には総勢4人の店員がああでもないこうでもないと我々のテーブルの周りで首をかしげる羽目に。解らないなりに皆なんか和気藹々としている。妙に楽しいぞ!

 で、このどことなく愉快な雰囲気はこのまま帰国するまで続いたのだった。道を尋ねたりすると、小難しい顔をしながら一生懸命面倒がらずに教えてくれようとする人たち(間違ってることもあったけどね!)。そういう街の人のかもし出す雰囲気が私にも伝染したのかしらね。

 
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-09-22 23:27 | 海外旅行 アジア


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH-MUC・バイロイト・LA

タグ

(148)
(123)
(94)
(85)
(63)
(37)
(34)
(23)
(19)
(13)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧