<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

レ・ミゼラブル上京2011 vol.4

ええっ、まだあったん?と言われそうですが(笑)。

今回最後のレミゼラブル上京は
台風2号の迫りくる大雨の中、日帰り弾丸と相成りました。

~5月29日マチネ~

ジャン・バルジャン;今井清隆
ジャベール;KENTARO
エポニーヌ;新妻聖子
ファンテーヌ;笹本玲奈
コゼット;中山エミリ
マリウス;山崎育三郎
テナルディエ;三波豊和
テナルディエ妻;森公美子
アンジョルラス;上原理生
リトルコゼット;蒲生彩華
リトルエポニーヌ;清水詩音
ガブローシュ;小宮明日翔

指揮;塩田明弘

この日はともかく聖子ちゃんのファンティーヌを観にいったようなもんで。
いや~、期待たがわず、ってこういうことを言うんだろうなぁ。
何度も書いてるけど、聖子ちゃんてば死ぬの巧すぎるよ~。

言い訳がましいけれど、
本当は前回の21日の観劇の翌日に聖子ちゃんファンテを観るはずだった。
のだが、翌22日にマンドリン発表会が入ってしまい、
けれどどうしても諦めきれずにチケットを取り直したという次第。

KENTAROさんのジャベールも素晴らしかったし、
玲奈ちゃんのエポニーヌも最早貫禄。
この演出でのレ・ミゼラブルラスト観劇がこのキャストで心から満足です。
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-31 21:50 | ミュージカル

レ・ミゼラブル上京2011 vol.3

弾丸でスペシャルキャスト観劇。

~5月21日ソワレ~

ジャン・バルジャン;今井清隆
ジャベール;鹿賀丈史
エポニーヌ;島田歌穂
ファンテーヌ;岩崎宏美
コゼット;神田沙也加
マリウス;石川禅
テナルディエ;斎藤晴彦
テナルディエ妻;鳳蘭
アンジョルラス;岡幸二郎
リトルコゼット;清水詩音
リトルエポニーヌ;飛鳥井里桜
ガブローシュ;鈴木知憲
司教;林アキラ

指揮;塩田明弘

いろいろ感じ入ったポイントはあるけれど
(歌穂さんの年の取らなさ加減とか、禅ちゃんの細かさとか、
岡さんのバリケードからの転落のさすがの巧さとか、
鹿賀さんのジャベール自殺が予想以上にぐぐっと来たとか、
今井さんのバルジャンが一番好きかも、と思ったこととか)
だらだら書くのも無粋な気もして。

全員ではないにせよ、24年前の日本初演時のキャストがこの舞台を
そのままなんの違和感もなく演じていることの凄さを改めて感じたなぁ。

ブラヴォー、レ・ミゼラブル!
e0164774_2153107.jpg

[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-30 21:42 | ミュージカル

敗戦の中にも笑いを!

あんまり書きたくないんやけどなぁ(溜息)。

雨の予報の合い間を縫った爽やかな五月晴れの日に
セ・パ交流戦を観戦しに聖地・甲子園へ。

~5月25日 阪神対ロッテ戦~

 先発はタイガースがスタンリッジ、ロッテが吉見。1回の裏にマートンと新井の二者連続ヒットで鮮やかに先制し、幸先が良いように思われた。が、2回表には今江と伊志嶺に返り討ちに遭うが如くの連続ヒットですぐ同点に追いつかれてしまう。その後タイガースは2~4回と三者凡退が続く。4回表には新井のエラーから招いたピンチがあったものの平野の超ファインプレイでなんとか無得点に抑えていた。5回表についにつかまり井口と里崎のタイムリーで2点の負け越し。6回裏に金本のぼてぼてのヒットでようやく1点返すが、7回表に久保田が敬遠策のあとファーボール2つに打たれるわ、さらに押し出し四球を与えるわで万事休す。結果的には6連敗中のロッテを助けるような試合になってしまった。


やれやれ(涙)。

敗戦の中にもささやかな笑いを探すのが
タイガースファンの哀しい性ではあるけれど、
この日一番笑ったのは7回表。
ラッキーセブンの攻撃前のファンファーレに備えて
スタンド中にジェット風船がびっしり膨らんでいたときだ。

ツーアウト満塁でまず今江のタイムリーが出たタイミングで、
耐え切れなくなったのか、いくつかのジェット風船が空を舞った。
ここまではまあよくあることよね。
でも次の押し出しのファーボールのときは凄かった。

一斉にスタンド全体から悲鳴のような音を立てて
大量の風船が夜空に散ったのだった。
無言の、いや有言の抗議のごとく。
いや、風船によるこういう感情表現もあるんやねえ・・・。

只今絶賛最下位争い中のタイガース。
今度は心から笑わせてくれよう!(悲鳴のような祈り)
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-26 15:40 | 野球(タイガース)

二つのブーケ

誕生日でも送別会でもないのだけれど、
またしても美しい花束をいただいた。

ええと、かといって色気のあるハナシではありません。

先日、マンドリンの演奏会に
ほんのちょっぴり参加させてもらうことになったので
恥ずかしながらと言いながら、
無理矢理チケットを送りつけた私。
嵐のような悪天候の中、来てくださっただけでも感激なのに
ベテランの先輩方宛ての贈り物の山の中に
私宛の『お祝い』と書かれたラベルを見つけたときの
驚きと嬉しさと言ったら。

そうか、お祝いなんだ。

練習のし過ぎで皮が剥けてしまった指先も
裏方業務で走り回った脚も
リハーサルで何度も先生にダメだしされたことも
その瞬間ぽっかり忘れて、
そうか、楽しんだらええんやんか、とすっと思えたんだった。

・・・。

ひとつは愛らしいなかにもシックなピンクの薔薇。
e0164774_2257689.jpg
もうひとつは清清しいアジサイとカラー。
e0164774_22572834.jpg
どちらにも私のイメージで選んでくださったという
過分な嬉しいメッセージが添えられていた
(いやまぁ、リップサーヴィスやろけど、いいようにとらせて貰おうww)。

それにしても、なんと相反するイメージだろうね!

cさん、Hさん。
本当に本当に、ありがとうございます。
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-25 07:42 | 徒然やら日記やら

明治座 五月花形歌舞伎

 例によってちんたら日記書いてたら観劇日記がどんどん溜まってきました。全くどんな享楽的な生活してんねん?!と我ながら呆れつつ。

---------------------------------------------------

 昨年南座で海老蔵さんの狐忠信を観たとき(リンクはそのときの日記)に、まず思ったのが「この役は亀治郎さんで観たいよなぁ」だった。でもかといって、なかなかその演目で関西に来てくれるとは限らない。と心の中で言い訳しながら東京は浜町にある明治座へ、その亀治郎さんの狐忠信目当てで行って参りました。なんでも明治座で歌舞伎が上演されるのは十六年ぶりらしい。

一、義経千本桜
  川連法眼館

   佐藤忠信/忠信実は源九郎狐  市川 亀治郎
             静御前  市川 門之助
            駿河次郎  中村 亀 鶴
            亀井六郎  市川 弘太郎
            川連法眼  市川 寿 猿
             妻飛鳥  上村 吉 弥
         源九郎判官義経  市川 染五郎

  
 まったく期待を裏切らない亀治郎さんの源九郎狐。小さくて華奢で本当に子狐そのままなんだもん。適役、って言葉はやはりあるのだ、としみじみ思った。こんなに隅々までじっくりかみしめるように楽しんだ四の切は初めて。惜しむらくは私が今回座った座席。というのも、この日は左上段席だったのだが、明治座は二階が張り出しているせいで、源九郎狐の宙乗りが全く見えなかったのだ(涙)。一瞬下がったときにチラと見えた姿と、観客のため息のような歓声や笑い声を聞きながら想像するしかなかった。ま、こんなこともあるわな。

二、けいせい倭荘子
   蝶の道行
              助国  市川 染五郎
              小槇  中村 七之助


 美しい舞。なのはよかったが、正面に座っているある観客が何度かフラッシュ焚いて撮影するので気が散ってしょうがなかった。ちょっとびっくり(どうやら七之助さんのファンらしく、次の封印切でも梅川の登場で何度かフラッシュ光らせてたよ・・・orz)。

三、恋飛脚大和往来
  封印切

           亀屋忠兵衛  中村 勘太郎
            傾城梅川  中村 七之助
          井筒屋おえん  上村 吉 弥
          槌屋治右衛門  片岡 亀 蔵
         丹波屋八右衛門  市川 染五郎


 勘太郎さんは追い詰められたときの切ないような狂気を見せるのが本当に巧いなぁ。女殺油地獄、私は苦手だけど、かれの与兵衛なら観てみたい。

~おまけ~

亀ちゃんの狐と
e0164774_21434459.jpg
明治座前のお稲荷さん
e0164774_21442658.jpg

[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-24 22:43 | 歌舞伎・文楽

花より舞台、ってわけでもないのだけれど。

ふらふら散歩するだけで
すぐに劇場にぶち当たるTimes Square界隈は
まるで大人の遊園地みたい。

看板を眺めるだけでわくわくする。
e0164774_20583390.jpg
e0164774_2058461.jpg
e0164774_2059292.jpg
e0164774_20592099.jpg
e0164774_20593382.jpg
って、観てもいない舞台の看板を撮影するのって
いかにも観劇中毒らしいねえ(笑)。

そんな幸せな写真でNY日記を〆にしたいと思います。
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-23 21:01 | 11/NY・ロンドン・ドイツ

NY花日記

5月のNYはどこもかしこも花盛りで、
ついついヘタクソな写真でも折々に撮りたくなってしまう。

日記からこぼれてしまったそんな何枚かを。

Frick Collectionへ向かうために歩いたCentral Park。
この一週間で一斉に花開いたらしい。
e0164774_20371578.jpg
MoMAのSculpture Gardenにて。なんかチューリップすらスタイリッシュ。
e0164774_20473162.jpg
Cloistersからの帰り道。Fort Tryon Parkにて。
e0164774_20423747.jpg
e0164774_20425618.jpg
e0164774_2043947.jpg
Park Avenue。到着した日にタクシーでこの通りを横切ったとき
「おお、キレイ」と小さく声を出してしまったんだっけ。
e0164774_20441157.jpg
Rockefeller Center。ここもこんなに花があったんだなぁ。
e0164774_20454026.jpg
こうやって写真を整理していると私って結構チューリップ好き??
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-23 20:48 | 11/NY・ロンドン・ドイツ

Rigoletto

さあて、今回の短いNY滞在中最後の観劇。
e0164774_7261978.jpg
あ、演目はワルキューレではなく、こっちのほうです。
e0164774_7303412.jpg
~この日のキャスト~

指揮;Fabio Luisi

Rogoleto; Zeljlo Lucic
Gilda; Nino Machaidze
The Duke of Mantua; Giusepe Filianoti
Sparafucile; Stefan Locan
Maddalena; Nancy FabiolaHerera

別の日にはダムラウがジルダにキャスティングされていたのだが
私たちが観た日は本作がMETデビューになるMachaidze嬢。
いやでも、十分堪能いたしました。   
むしろタイトルロールのリゴレットのほうがあまり印象に残ってない(爆)。  

今回二階のややサイドのバルコニー席一列目というなかなかの良席だったのだけれど
それでもミュージカルを1本をオーケストラ席前方でみるのとほとんど変わらないお値段。
シーズン中ほぼ毎日なにかがかかっていることを考えたら
うらやましくて身もだえするねぇ。

・・・いつも以上に手抜き日記ではありますが、
いつまでも書き足せないのでこのままアップしちゃいます。

終演後、何度も振り返りながら帰路についた。
e0164774_7365161.jpg

[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-20 07:37 | 11/NY・ロンドン・ドイツ

ユニコーンに逢いにいく

 2008年の冬に初めてパリのクリュニー美術館で見事なユニコーンのタペストリーをみたときに、真っ先に思い出したのはCloistersのこと。
e0164774_20143235.jpg
 NYで暮らしていた頃、季節がかわるごとに両親に連れて行ってもらったその場所は、子供心にまさしくおとぎ話のお城のようで、行くたびにわくわくどきどきしたっけなあ。そんな思い出の場所だったのだけれど、Manhattanの北端という地の利の悪さもあって、研究会の合い間に仲間につきあってもらって訪問することは適わず、大学三年の夏に訪れてからはずっと再訪できずにいた。そんなわけで、今回ここだけは行きたい、とわがままを言わせてもらった。

 今はMetropolitan Museumの分館になっていて同じ日に行くと入館料は別途要らないシステムになっている(その当時は独立していて入館料は2ドルだったと母が懐かしげに語ってくれた)。ので、まずは本館をざっと観て回ってから、M4のバスに乗って、ちんたらハーレム界隈を北上して彼の地に向かった(ちなみにこの日は何らかのガラが夕刻より計画されていたらしく、南と北の両端はクローズドだった)。

 一時間以上かかってようやく辿りつきました。
e0164774_20214934.jpg
回廊ってなんかツボだ・・・。
e0164774_20234121.jpg
教会の中と見まごうばかり。  
e0164774_20235783.jpg
階下の回廊はセルフサーヴィスのカフェになっていた。
e0164774_20241915.jpg
5月の明るい自然光にステンドグラスが美しい。
e0164774_2024342.jpg
 ヨーロッパから見たら、あくまでまがい物の器に借り物の展示物な中世っちゃそうなんだけど、こんなものを作ってしまったアメリカ人の心意気みたいなのを感じるよなぁ。

 そしてやっと再見。ユニコーン。
e0164774_20224610.jpg
 荒々しく捕獲から逃れようとしてもがくユニコーンの姿を紡いだ何枚かと、ついに囲いに閉じ込められた一枚。傷からの血も生々しく、捕らえられているその姿は、でも不思議と静かで穏やかな目が印象的。ああ、ここまで来てよかった。

 西のテラスからのHudson riverの眺め。
e0164774_20231951.jpg
今では瀬戸大橋やらなんやらで、それほどにも思わないGeorge-Washington bridgeだけど、昭和○○年代に遠い島国から来た私たちがどれだけびっくりしたことやら。

e0164774_20245319.jpg

 なんだか、回想ばっかりでうっとおしい日記になってしまってすいません。




ちょっと疲れました。

ので、ちとお行儀悪く回廊に座りこんで休憩。のんびり読書してるツワモノも居ましたよ。

[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-15 22:29 | 11/NY・ロンドン・ドイツ

Rock of Ages

4日目ソワレ。これで今回のBW観劇は最後。
その最後を飾るのがこちらであります。
e0164774_23264761.jpg
The Helen Hayes Theatre。
今回入った劇場の中で最もこじんまりとしていて
まるでライブハウスのようなノリ。
そしてその器に実にあった作品なんだった。

大音響のロックにお約束のベタな恋愛に失恋に没落に復縁。
漫画のようなドタバタ。

あれ?なんかどっかでこんな舞台観たことある??
ってよく考えたら・・・そうだ、劇団☆新感線 だ。

~この日のキャスト~

Drew; Dan Domenech
Sherrie; Rebecca Faulkenberry
Lonny: Michael Jarvis
Dennis; Adam Dannheisser
Justice; Michele Mais
Regina; Joshphine Rose Roberts
Father; MiG Ayesa
Franz; Cody Scott Lancaster

物語の主人公を担うのは
DrewとSherrieの若いカップル二人のはずなんだけど
狂言回しのLonnyに目が釘付け。
もう、表情も動きもマンガなんだもん(笑)。
歌もむちゃ上手いってのが、また凄い。

百聞は一見にしかずということで、
2009年Tony賞にノミネートされた際の映像をば。
この中でライザ・ミネリをいじってるのがLonny役のMichael Jarvis。



Dennisの低音の声も渋かったな~~(映像では天使の羽をつけてるおっさんw)。
この二人がこのショーの芯みたいなもんでした
(若い二人のキャストは2009年とは替わっている)。

始まって早々の なんじゃこら?(笑) な印象は
観ているうちに、その場の空気にもどんどん引っ張られて
気づいたらゲラゲラ涙を流して笑っていた。

いや~、でもこれを初日に観ていたら
このノリにはついていけてなかったかもしれん。
何事も結果オーライと言うことでありましょう。
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-05-13 20:09 | 11/NY・ロンドン・ドイツ


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH-MUC・バイロイト・LA

タグ

(148)
(123)
(94)
(85)
(63)
(37)
(34)
(23)
(19)
(13)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧