おまかせ中華で忘年会

12月。師走。忘年会、であります。

ここ何年か職場の忘年会はこちらで豪勢なランチを。
実はスタッフの旦那さんがシェフのお一人なんである。

そのツテを使わせてもらって、個室を借りて、
予算と人数で適当に料理を出してもらうという贅沢な宴を
アレンジしてもらっている。

お料理は出てくるまでのお楽しみ。
こういうの、ちょっとワクワクしません?

ライチジュースで乾杯!
今年もスタッフの皆々様方、お疲れさまでした~。
e0164774_9271319.jpg


あとはただ料理の羅列なのでご興味のあるかたのみどうぞ。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-19 08:56 | 外食しました。

またまた顔見世

こないだ行ったとこですが・・・はい。

実は今回の顔見世、
夜の部の最後の最後に魅力的な演目が。

今年は源氏物語千年記念。
それにちなんで夕顔の章をかけるというではないか。
しかも、光源氏;海老さま、六条の君;玉三郎さま。
ひえ~、こりゃあ、即日完売するはずだよ。

これだけでもちょっと観たいかも・・・と思っていたら
友人よりA席でよかったらチケットとったよ~との悪魔のささやき。

午前の仕事を終えて、いろいろあって、
始めの演目には間に合わないのと、
終演がかなり遅くなるので翌日がしんどいやろうなあ、と
逡巡していたのですが
なかなか取れないチケットだし、無駄にするのも、と
思い切って行って参りました。
e0164774_833235.jpg
e0164774_8333917.jpg




鴨川沿いに
ぽっかり浮かぶ夜の南座は
幻想的でわくわく。










e0164774_8385929.jpg

席は三階。
けれど南座自体が
ちんまりしているので
舞台がそれほど遠く感じない。
そればかりか舞台面が見えるので
一階では見えなかった
仕掛けもわかるので楽しい。

周りには大向うさんがたくさん。
お値段のことを考えたら
リピーターにはうれしい席だ。

以下演目と感想を述べています。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-18 08:47 | 歌舞伎・文楽

アルネの遺品 ジークフリート・レンツ著

e0164774_20262622.jpg


図書館で借りる本に悩んだときは、
新潮クレストブックスを
一冊選ぶことにしている。

それくらい、
個人的にはハズレがない。

以下、簡単なあらすじあり、です。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-16 13:46 | 読書

お買い物日記

何度も何度も外からディスプレイをガラス越しに見て、
不思議に気になっていた、Henry Beguelinのブルゾン。

思い切って、店に入って、一度試着させてもらったものの
他の服にどうやって合わせるよ!?と迷って、
そのときは決心つかなかった。
だいたい、もともとこのブランドは
バッグなどの革製品がメインなのだが
これまで、何一つ買ったこともなかったし、
そんなに興味があったというわけでもないんである。

けれど、けれど。
一週間近く悩んだあげく、

は~。買っちゃいました。

e0164774_14263180.jpg
ツイードと毛皮という組み合わせにやられちまったのだが
むちゃくちゃコーディネート難しそうやないですか?
どなたか、よきアドバイスをー!

半分、自戒の念。半分、顕示欲。な、お買い物日記であります。
久しぶりに買い物でドキドキしたわ。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-15 14:45 | 徒然やら日記やら

怒涛のおでかけ~京都編

少し前に、mint2さんとお会いしたとき のこと。

初対面とは思えないムードでおしゃべりしているうちに
(いや、基本人見知りなんですけど~~)、
彼女はふと思いついたように、言ったのだった。

そうだっ!Aさん今度、山口晃さんのトークイベント、ご一緒しません??

・・・・・・・・えと、山口さんって誰ですか?
(私にとって山口さん=山口祐一郎さんなのであった)。
たぶん、私の頭の周りには???がたくさん浮かんでいたと思う。

無粋な私に教えてくださることに、
彼は新進気鋭の画家で、浮世絵や大和絵の世界を現代画に
結び付けているらしい。
ふむふむ。
もともと、日本画や浮世絵の世界はそれほど嫌いじゃない。
彼の展覧会 ”さて、大山崎” が
アサヒビール大山崎山荘美術館で開催されていて、
それに際しての講演会に東京からのお友達が4人いっらしゃるとのこと。
みなさん、絵画や舞台への造詣が深くて楽しいかたばかりよ!と
目をきらきらさせて、誘ってくださったのだ。
いや、でもさすがに、ちょっと腰が引けた。
そんな、私なんかが行っていいもんやら。

それでも、楽しそうにおでかけに誘って下さったのがうれしくて、
全く予備知識もないのに
はい!行きます!と元気な返事をしたんであった。
なんか、子供の頃、新しい友達ができたときみたいに。

きっと、今日のあれこれは、mint2さんが詳細に楽しく書いてくださると思うので
敢えてパスしたい。

自分の記憶のために、いくつかの写真だけを羅列させていただきます。

mint2さんと一服した京都の喫茶店。
昼食前というのに、パンケーキまで食べてしまった。
e0164774_1912476.jpg
ここからは昼食。
東京からお越しの4人の素敵なかたがた
(みなさん、なんでもよう知ってはること!)と合流。
まずはサラダ。
e0164774_19124066.jpg
カツサンド。小ぶりで上品なお味。
e0164774_1913364.jpg
衝撃的においしいホタテのマカロニグラタン。なぜだか甘みがある。
e0164774_19132043.jpg
これまた、こんなん初めて!のハンバーグ。
和風味。肉の味がしっかり。
e0164774_19133448.jpg
この4品で一人1800円いかなかった。ひえ~。
お店の名前はないしょ。

トーク中の山口晃画伯。
e0164774_19134863.jpg
ちょっとハラハラするくらいのおっとり加減であった。
コアなファンのかたたちの反応が楽しい。
しゃべりながら、常になにか絵(落書き?のようなもの)を
描いておられたのが印象的。
思い出せない漢字すらも、なんか、絵、のように書かはる。

一番前に陣取りつつ、高尚なる(?)落書きに触発されて
画伯の似顔絵をセコセコと描いたりしてしまう。
どんな観客やねん!?
(↓いくつかの中で一番ましなやつ)
e0164774_7165236.jpg

彼の作品は伝統的な味を残しつつの、前衛・緻密・ちょっとオタク?
あくまで、初心者の印象として捉えてくださいまし。

大山崎山荘の入り口。
e0164774_1914491.jpg
同じく遠景。
e0164774_19142767.jpg
子供の頃、毎年家族で夏を過ごした、
上高地の帝国ホテルを思い出させる懐かしい建物。
ああ、ここに泊めてくれたらいいのにねえ。

それにしても、
甚だpassiveは動機ではありますが、
期せずして、まったくイメージの違う日本画に触れることが出来た週末でした。
そして、いろんな方たちとの出会いも。

世間はある意味、狭く、そしてもちろん、広い。
それはもう、ゾクゾクするくらいに。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-14 22:02 | おでかけ

怒涛のおでかけ~大阪ミナミ編

基本、観劇以外ではほとんど阪神間から出ない(ほんまか?)。
だいたい、仕事自体が、ずっと同じところに座っていて
患者さんがやってきてくれる、という風呂場の番頭のようなもんなわけで。
でもこの週末は珍しくいろいろ出歩くことに。

まずは土曜日。

あるお方に誘って頂いて、黒川雅子さんの個展へ。
雅子さんは、ご存知、
大阪が誇るハードボイルド作家・黒川博行さんの奥方である。
”よめはんの人類学”とか”大阪ばかぼんど”で、
強烈な印象を残す、あの よめはん、なのだ。

会場は心斎橋のギャラリー永井。
Samantha Tabasaの店の4階である。
会場はこじんまりとした中に静物画から、
巨大な舞妓~芸妓さん、太夫さんの豪奢な人物画。

ほえ~、と思って圧倒されていると
なにやら、絵の説明をされているご婦人。

ややっ、これが、よめはんかっ!

案外人見知りの私なのですが(否定の轟々が聞こえてきそうだが)
思い切って話しかけてみました。

ええと、○○さんのブログ仲間で~、でもお会いしたことはなくて~、
今日は一緒に来るはずだったんですけど~、
彼女は仕事で今日は来れなくて~、
・・・ええと、Aでありますっ!

”ああ、ドクターAやねえ?ブログ、みてるよ~。
食べ物の話がいっぱいでおもしろいねえ。
私の友達にも薦めたら、おもしろい、いうてたよ~”
(こういう、ゆ~ったり・ほんわかな口調のかたなんである)

ありがとうございます(涙)。

お客さんもそれほど多くなくて、
居合わせたお客さんと絵の説明伺ったり
いろんな話しているうちに
”まあ、お茶でも、どうぞ~”と椅子をすすめてもらって
お菓子までいただくと言う厚かましさ。

いや、ほんま、すいません(汗)。←これ、読んでくれはると確信して。

きっと○○さんが聞いたら ”き~” と悔しがるであろうような
黒川ご夫妻のおもしろ話とか、聞かしてもらって
結局一時間以上、談笑。

途中、わたし、なに初対面の人とこんなにベラベラしゃべってるんやろ?と
自らに問いつつも、いやはや、楽しいヒトトキでありました。

やっぱり人と会いに外に行かんといかんわ!と
早くも来年の抱負のようなものを心に刻む。

一番心惹かれた一枚を、雅子さんのご了承を得てパチリ。
舞妓さんの力の抜けた色っぽい表情がええなあ、と。
e0164774_21544792.jpg


黒川雅子日本画作品集
~12月16日まで(11時~18時半)
心斎橋 ギャラリー永井
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-13 23:09 | おでかけ

今年の一文字

今年の漢字は  かあ。

変化 (change) の 
ヘン (weird) の 、 ね。

私にとっての個人的な一文字はなんやろうな。

→ タイガース、メークレジェンドされる!

→ 一年の観劇回数ついに30回を超える。

→ ブログを始めて、新しくうれしいご縁ができる。

いや、やっぱり、相変わらずの一年を反省して、
変化を求めるという意味を込めての  でいいのかも。
e0164774_17555663.jpg
                  来年は  で行きたいもんですな!
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-12 17:57 | 徒然やら日記やら

宮崎アニメの世界から飛び出てきたもの

何を隠そう、ええ歳して、宮崎アニメファンのワタクシ。
今朝、仕事が始まる前に、フンフンと鼻歌混じりで
いつものブログ巡りをしていたら、この方のところに、凄いもんが!

なんとナウシカのメーヴェを実際に作ってしまったというではないか。

ひえ~。なんたる、ヲタの情熱。そして夢のある話であろうか。

偶然今日は毎月一度の、同じく宮崎ヲタの税理士さんがやってくる日。
これは是非、彼に知らさねば!と意気込んでその話をしたら
さすが、彼は私の上をいく人物で、その番組はチェック済みだった。
ちぇ。

そればかりか、なにやら、小鼻を膨らませてポケットから取り出だしたるものは・・・。
e0164774_1521465.jpg
ぎゃ~、ラピュタの飛行石!
しかも、これ、ボタンを押すと、ちゃんと光るんである・・・
(もう一度ボタンを押すとゆ~っくり光が消えていくのが、またニクイ!)。
e0164774_1535294.jpg
思わず、バルス!とか言っちゃったよ(そりゃ、滅びの言葉ですがな←ああ、ヲタ)。
なんでも西宮ガーデンズのジブリショップで発見したとのこと。
ううう、行きたい。

西宮にわざわざ買い物行くってのも・・・人混み嫌いやし・・・ねえ?とか
言って、あんまり気乗りしてなかったのに、
俄然行く気になってるアホな私です。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-11 15:06 | 徒然やら日記やら

犬の人生 マーク・ストランド著

e0164774_2120043.jpg


犬。

村上春樹さんの訳。

この表紙。

ツボです。



もともとは " Mr. and Mrs. Baby and Other Stories"
というタイトルだったこの短編集を、
その中の一編 " Dog Life" から、タイトルを冠して
しかもこの装丁。

これはもう企画の勝利と言って、いいんじゃないかな?

いや、それでも手にとって読み始めて、
村上さんが ”何故か不思議に気になる作家の一人だった”と
言うのもすぐに納得。
彼の”蛍・納屋を焼く・その他の短編”とか
”中国行きのスローボート”とか
”東京奇譚集”とかの短編集に流れるムードと類似している。

ささやかで、ちょっと物悲しくて、かなりシュール。

以下、少しだけあらすじに触れています。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-09 21:08 | 読書

偏向的クローゼットの悩み

巷によく聞く、ご婦人たちの平和な悩み。

クローゼットが似たようなものばかりで埋め尽くされて、
いざとなったときに着ていく服がない!ってやつ。

でもいつも思う。
似たような、ならばまだいいではないか。

先日、あるお方とお食事したときに、
履いていたブーツをすこぶる褒めていただいた。
そのときは形どおりにお礼を述べたが、
呆れられるかと思って告白できなかったことがある。

私、このブーツ、色違いで三足もってるんです。

そう。
われながらしつこいとは思うけれど
気に入ったものがあると、
同じものを色違いで買ってしまう癖がある。
それも二つだなんてかわいらしいものではなく、三つ四つと。

今思いつくだけでも、
くだんのブーツを始め、ショートブーツ、パンプス、
バッグ、帽子、スカーフ、手袋、レギンス、レッグウォーマー
当然のごとくのシャツ(複数)、カットソー(複数)、靴下(多数)
セーター(複数)、パンツ(複数 もうええって!?)、
果ては眼鏡まで・・・。

うちはユニク○か!?

まあ、百歩譲って、気に入ったもんならね、という
温かいご理解もあるだろう。
困るのが、形が同じであるばかりに、思った色と違うものを
身に着けて家を出てしまったりすることだ。
そんなん誰も気にしない、かもしれない。
でも、女性なら、わかってもらえると思う。
黒のブーツに合わせて服を選んだのに、
こげ茶を履いて出てしまい、
一日それで過ごさないといけない時の居心地の悪さを。

まあ、それだけならそんなに気にせんでも
おばちゃんの足元、だれも見てへんわ!と開き直れるだろう。

さらに困るのは、形が同じであるばかりに(ってしつこい)
左右違う色を履いたり持ったりして外出してしまうことだ。
さすがに靴をっていうのは幸いまだないが
(今後はどうなるか、かなり不安ではあるが)、
靴下やレッグウォーマーなぞは日常茶飯事。
ごく最近では茶色と黒の手袋を左右で持って出てしまったため
極寒の中、素手で過ごさねばならなくなったりしたことも。

みなさん、どうしておられるのでしょうか。
それとも同じものばかり買う私って
かなりの変人なのでしょうか??



※誤解なきようお伝えしますが、我が家のクローゼットは
ほんの三畳くらいのスペースしかありません。
決して衣装持ちというわけでもないのに色違いが多いということは
異様に種類の少ないワードロープとなるわけだ。
これもまた、悩みのタネ。
ま、平和ということやね。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-12-08 13:50 | 徒然やら日記やら


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS・NY
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH-MUC・バイロイト

タグ

(148)
(122)
(94)
(82)
(63)
(36)
(34)
(23)
(19)
(13)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧