モンブラン談義

月に一度のお菓子教室の楽しみはレッスン終了時の試食タイム。
先生はもちろんのこと、皆さん私なんかよりずっとお菓子に詳しいので
毎回メモを取りたいくらいの濃ゆ~いお菓子談義が繰りひろげられます。

当然今回はモンブラン談義に花を咲かせました。
実はあまり自分ではモンブランを買ったことがなかった私。
今回のレシピでこんなにおいしいもんなんや~とびっくり。
ちょっといろいろ食べ比べたくなったこともあり、
ひたすら、ふんふんと聞き役にまわってメモメモ。
まるで外国語のように次々とみなさんお薦めの店の名前を挙げていく
(それにしても、なんでああも一回聞いただけでは覚えられない
長い名前の店名ばかりなのか)。

その中で、皆さん口をそろえて一押し!とおっしゃってたのが
京都北山の MALEBRANCHE (マール・ブランシェ)のもの。
ちょっと甘めらしいけどね~。

うう~ん。でもさすがに京都まで行かれへんわーと悲しんでいたら
先生曰く、
アンリ・シャルパンティエのんも侮れへんよ!ただし銀のほうね!
とのこと。

銀のモンブラン??

アンリのモンブランには
アルコールが入っている金のモンブランと
入ってない銀のモンブランとがあるらしい。
金のモンブランのほうが見た目”らしい”んで、
人気らしいが、
ちょっとアルコールが強すぎて栗の味がよ~わからんのよね~
とは先生の評。

栗の季節が終わるまでに、と さっそく先生が及第点を出した
銀のモンブランをいそいそとお持ち帰り。

e0164774_11342043.jpg
ふむふむ。
土台はパイ生地ではなく、
ふわふわスポンジ。
ちょっとお子様っぽい?
いやいや、でも
アルコールが入ってないぶん栗!
なんである。
甘味も抑えめやし。
中は生クリームだけでシンプル。

でもやっぱ、クレームパティシエールも
入れてる先生のレシピの勝ち、やな。

ふふふん。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-28 13:15 | Sweets中毒

本屋でのできごと

昼休みに、今日発売の新刊を立ち読みすべく、某本屋へ。

最近の本屋は売り場検索が出来るマシーンがあったりして便利。
さっそくピピピとモニターを睨んで、
検索結果をうち出した紙を手に、目指す売り場へ。

ええっと、どこかなあ。
あったあった、一冊だけ(平積みちゃうねんね~)。
ふむふむ。どれどれ。

と、パラパラと頁を繰り始めた直後、
20台くらいの男の子がわたしの斜め後ろに立つではないか。

なんか視線が気になるなあ・・・。
でも自慢じゃないけど、もう
ナンバされるような歳でもないしなあ・・・。

はっ。ひょっとしてこの本かっ!!

そういや、彼も私同様、
手に検索結果と思われる紙を握り締めている。

なんだか落ち着かないので、買うことを決心したフリで
その場を離れて、さりげなく彼の様子を観察。
彼はお店の人になにやら話し掛けて
ストックコーナーから本を出してもらっている。

やっぱり、わたしと同じ本を探していたようだ。
まあ、奇遇。
しかも”これ、二冊だけしか入荷してないんです~”という
お店の女の子の声が耳に入ってしまった。

なんだかこれで、手にした本を棚に戻したら申し訳ないような気持ちと
妙な偶然が面白くて(二冊しか入荷しないような決してメジャーはない本を
二人の人間が全く同時に検索してたっていうのが)、
ま、いいか、とたいして中身をチェックしないままレジに行った。

これ、映画だったら男女の出会いって感じのシーンみたい?
ま、当然、なんもなかったけどさ。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-27 16:09 | 徒然やら日記やら

異人館でフレンチ

神戸といえば、港、中華街、そして異人館。ああ、ベタ。

そのいくつもある異人館のひとつ、Graciani邸を改装した
フレンチレストランへ行ってまいりました。
2007年春に経営者が変わってリニューアルしたらしい。
最近いろんな雑誌に掲載されてて気になったので
ミーハー精神丸出しで乗り込んだのでした。
e0164774_819359.jpg
店構えからしてロマンティックやわー。
e0164774_8194177.jpg
インテリアがと~っても素敵。シック、けれど重すぎない。
e0164774_8195931.jpg

一番リーズナブルな"KITANO"のコースを選ぶ
(以下はおぼろげな記憶をお店のHPで盛大に補いながら)。
すいません、このあとは自分の記憶のための料理の写真羅列オンリーです。

まずはお口取り(キノコのテリーヌなどなど)
e0164774_8201653.jpg

蕪のカルパッチョと甲殻貝類のサラダ仕立て黒トリュフのヴィネグレットソース
どれにどのソースつけて食べたらええのやら・・・?
e0164774_8203330.jpg

クエのブラックオリーブ焼きアンチョビー風味
シトロンコンフィと秋~冬野菜の香草油通し添え

クエなんてひさしぶりー。昔わざわざ和歌山行ったよねえ~と盛り上がりつつ。
e0164774_8205178.jpg

アイスランド産仔牛のロティ
やわらかくジューシーなお味。
e0164774_82171.jpg

アヴァンデセール(お口直しに洋梨のシャーベット)
まわりのジェルはシャンパンのお味でありました。
e0164774_8212339.jpg

ワゴンデセールはタルトタタンとタルトフランボワーズを選んだ。
e0164774_821581.jpg

他にはオペラ・洋梨のタルト・トリュフ入りパウンドケーキ
クレームブリュレ・サツマイモと黒豆のタルトと
なんだったか、もうひとつありましたっけ
(我ながらスィーツに対する記憶力はいいな)。

お料理はどれもお味はもちろんなのだけれど、
目にすこぶる楽しいお皿。
まるで一皿が一枚の絵のような。

平日というのもあって、お客さんは数組のみ。
ゆったりと静かにお食事できました(あっというまに3時間経ってた)。
いや、ベラベラしゃべってたから我々が一番うるさかったかもなー。
ホンマはもっとしっとりとデート気分で行くのが正解のお店です。

Grand Maison GRACIANI
078-262-6650
兵庫県神戸市中央区北野町4-8-1
11:30~15:30(L.O.14:00) 
17:30~23:30(L.O.21:00) 
定休日 月曜日
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-27 08:25 | 外食しました。

MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ星人 

e0164774_7373957.jpg
この前の連休は2004年初演時に
伝説的舞台との評価を受けた
” ガマ王子vsザリガニ星人”の
2008年再演版(行きたかったのだが
即完売でかなわなかった)の
DVDに嵌っていました。

舞台に興味がなくても、
あれ?なんか聞き覚えある?と
思わるかたも多いのでは。


そう、これは今年9月上映の”パコと魔法の絵本”の原作とも言える舞台であります。
映画のほうは極彩色のファンタジーのような非現実な世界の物語のような印象ですが
舞台は普通の病院(いや、やっぱり普通じゃないな、医療スタッフも患者も)での
出来事になっています。
だからこそ、現実感たっぷりで、余計切ないのだけれど。

以下、あらすじあり、です(しかも長い)。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-25 20:30 | その他の舞台

物語のあるお洋服

e0164774_22165385.jpg
ナルセアヤコさんというデザイナーさんが
今年の秋冬のお洋服の
個展~販売会をされるというので、
天気のいい日曜日にふらっと大阪天王寺の
木テーブルまで行ってきた。

彼女ははもともとバック作家さんで
couleurと言うブランド名で
手作りの布製のバッグや小物を
ネットで販売されていました。
こんな風に書くとファンシーなものと
思われてしまいそうだけど
ただのかわいらしさ、だけじゃなくて
作品にどこか物語性があって
それがすこぶる魅力的。

ちなみに彼女のお父さんは成瀬政博さん。
1997年から週刊新潮の表紙を描いておられます。
やっぱり血、なのかしらん。それとも環境。

バッグやブックカバーなんかをいくつか購入させてもらう中で
ふとメールのやりとりをするようになり、
ちょっとした健康上の相談なんかも受けるようになり、
逆に私の猫が亡くなったときに慰めてもらったり、
なんだかお客さんというよりは、
お友達の雰囲気になってしまってる(と勝手に思っている)。

2年ほど前からお洋服を展開されるようになって、
色は黒とかグレーとかシックな感じなのに
袖とか襟とかポケットとかディテールが乙女なデザインで、
サイズもちょうどいいということもあり、リピート中なのでした。

ええと、今数えただけでも
麻のワンピース、ウールのジャンパースカート、
ウールの襟付き長袖シャツ、 麻のラップスカート、
それに、麻のスプリングコートも。
結構多いね。

e0164774_22192476.jpg
         レトロな雑居ビルの二階に 木テーブル はありました。

ちょっと汗ばむような天気だったので
これまた汗をかきながら久しぶりにお会いしておしゃべり。
ご主人のこととか、
夏に旅行された北欧のこととか、
そして猫のお留守番のこととか。
冬のワンピースの袖を直して送ってもらうことにした。
ついでにお友達への贈り物にブックカバーを二つ。

e0164774_22112520.jpg


彼女の作品は、残りわずかな乙女心をくすぐる、んであります。

naruse

couleur
(ナルセさんの以前のブランド)
”ある日のハナシのシ”という日記をここで書いておられるのだが、その文章が好き。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-24 22:28 | おでかけ

イアン・マキューアンのニ作品

贖罪土曜日(リンクは拙日記)で嵌ったイアン・マキューアンの本二冊を図書館で借りた。

セメント・ガーデン  1978年発表の彼の長編第一作。
アムステルダム  1998年のブッカー賞。

このキャッチだけでも、なんかわくわくするじゃあ、ありませんか。

e0164774_11504077.jpge0164774_8291847.jpg












気に入った小説があると、その作家の作品をおっかけてしまうことが多い。
で、そういう場合はたいてい後ろから前(時系列で言うと新から旧)をたどっていくのだが
そうすると大体は似通ったものが流れているのがわかるものだ。
その作者のメインテーマのようなものが。
で、そのテーマはデビュー作に最も現われるような気が、勝手にしている
そう、”処女作には作家のすべてが含まれる(訳者あとがきより)”わけです。

隠しようもない本質のようなもの?

以下、簡単なあらすじを述べてます。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-24 10:02 | 読書

秋のケーキと言えば

さっそくですが、昨日はお菓子教室でした。
ええ、先日前のブログでカミングアウトしたからいいんです。

実はスィーツ好きが昂じて、去年の春から月に一度
教室にかよってるんでした。
ホンマは外来で脂質異常症(以前は高脂血症といった)の患者さんに
”卵は二日に一個にしといてね”、”アイスクリームは減らそうね”
”ケーキは週に一個くらいにしとこうね”とか指導しているのに。

・・・他人のことは言えませんわ!ったく。

さて、で、教室です。
秋といえば、お芋、かぼちゃ、そして・・・栗!

今月のお菓子教室のメニューは
栗のケーキ=モンブランでありました。

下ごしらえはほとんど先生がやってくださっていたので
私たちは盛り付けていくだけ。
パートシュクレの上にクレームパティシエールと
栗をのせて、生クリームをドーム型に盛ってその上に
栗のペーストとお砂糖・バターに生クリームを混ぜた物を
ぐりぐりぐり~~と搾っていく。
工作みたいで楽しい!

e0164774_10204012.jpg
溶けかけのアイスクリームみたいで(いい意味で)まろやか~。

先生曰く、日本人は昔からケーキと言えば
苺ショートとモンブランみたいで
教室のリピーター率もかなり上位に入っているらしい。
確かにこれ、下ごしらえの種類が多く、
自宅で作るのは大変そうだもの。

って、数年後にリピートしている自分が
容易に想像できたりしてね。

広実香織 お菓子教室 conversation
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-23 10:14 | Sweets中毒

二度目のお引越し

eoblogからお引越しいたしました。
前身の関西ドットこむ(だっけ?)から夏に引っ越したところなのに。

理由はいくつかあるが、
一番大きいのはバックナンバーの見づらさ、というのがあったと思う。

どちらかというと、自分の備忘録のためにブログを書いているので
あとから、あれ、どこの店だっけ?とかいつ読んだ本だっけ?みたいに
見直すことが多い。

その際にひとつのカテゴリーを見直そうとすると
eoblogの場合は過去すべての記事が1頁になってしまう構造のため、
ものすごく下にだらだら長くなってしまい、
これ、このまま続けていたらどんなことになるんやろう、と思ったのだった。

私は社会人になって一度しか引越ししたことがない
(年齢を考えたら、おそろしいくらいだ)。
それって、メンドクサイってのもあったとは思うけれども
その部屋が居心地よかった、というのが大きいと思う。
そのため、職場があちこちに変わって通勤に一時間以上かかっても
なんとかして通っていたもんなあ。

居心地のいい部屋。
これって大事であります。

ブログというのは、玄関先のようなものだけど
ちょろっと覗いていってくださる方に
へ~とか、ほ~(これは安堵のようなもの)を感じていただけたらいいな、
と思いつつ。

何書いてるかわからんようになってきました。
ともあれ、これからもよろしく、です。

念のため、お引越し前のおうちのアドレスも
→ Dr.Aの言いたい放題
[PR]
# by tigersandcatlover | 2008-11-23 09:51 | 徒然やら日記やら


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS・NY
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH-MUC・バイロイト

タグ

(148)
(121)
(94)
(81)
(63)
(36)
(34)
(23)
(19)
(13)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧