ちょっと遅くなりましたが

あけましておめでとうございます。

2016年末~2017年始はここのところ嬉しい恒例になっているNYで過ごしてまいりました。振り返ってみると5年目になるかしらん。これまでは出発までにガツガツと枠を埋めてしまって、現地ではそれをこなしつつ間を縫うように買い物に食事にと予定てんこもりな感じだったんだけど、今回事前に用意していた観劇チケットは大晦日のMETガラ一枚のみ。あとは現地でゆる~く気分次第で予定を組むような感じで、なんか新鮮だったな~。本来はこういうのが旅の醍醐味というのかもしれん。
e0164774_1949311.jpg
そんなわけで今年もよろしくお願いいたします(ぺこり)。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2017-01-12 19:49 | 16/NY・SZGバイロイト・Paris

2016年観劇記録

恒例の今年のエンタメ羅列をば。これまではきっちり12/31で区切っていたのだけれど、今年はとりあえず年末休みに入る前までで。リピートも入れてのべ54公演となりました。

2年ほど歌舞伎がぐんと減っていたのだけれど、少しだけ復活。ワンピース効果かしらんね。それに対して来日のオケやオペラはあんまり聴かなかったなぁ。海外遠征はNY3回に夏のザルツブルク〜バイロイト、そしてパリ弾丸と欲望の赴くままでありましたね。まぁ、うち2回JKに振られたのは試練やったけどw

<ミュージカル>

ダンス・オブ・ヴァンパイア(梅田芸術劇場)
ニューイヤー・ミュージカルコンサート(シアターオープ)
DNA-SHARAKU(シアターBRAVA!)
ジャージーボーイズ(シアタークリエ)
キンキーブーツ(オリックスホール)
エリザベート(中日劇場)
ラミン・ミュージカル・コンサート (梅田芸術劇場)

<歌舞伎>

ワンピース(松竹座)
ワンピース(博多座)
六月大歌舞伎 夜の部(歌舞伎座)
七月大歌舞伎 昼の部・夜の部(歌舞伎座)
研の會(国立劇場)×2
獨道中五十三驛(春秋座)×2

<オペラ>

東京春祭ワーグナー・シリーズ ジークフリート (東京文化会館)
ローエングリン (新国立劇場)
真夏の夜の夢 (兵庫県立芸術文化センター)
ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN ラインの黄金(サントリーホール)

<バレエ>

Stars in the moonlight~月夜に煌めくエトワール(オーチャードホール)
ミハイロフスキー劇場バレエ 白鳥の湖(神奈川県立劇場)
オールスターバレエガラ Bプロ(東京文化会館)
オールスターバレエガラ (フェスティバルホール)
Sleeping Beauty (シアターオーブ)×2

<クラシックコンサート>

兵庫芸術文化センター管弦楽団 2015-16シーズン 第85回定期演奏会  ミラノフ&田村響 ザ・ブラームス(兵庫県立芸術文化センター)
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 op.15
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 op.68

リッカルド・ムーティ指揮
日伊国交樹立150周年記念オーケストラ~東京春祭特別オーケストラ&ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団(東京文化会館)
ヴェルディ:
 歌劇 《ナブッコ》 序曲
 歌劇 《ナブッコ》 第1幕 より 「祭りの晴着がもみくちゃに」
 歌劇 《アッティラ》 第1幕 より アッティラのアリアとカバレッタ
「ローマの前で私の魂が...あの境界の向こうで」
 歌劇 《マクベス》 第3幕 より 舞曲
 歌劇 《運命の力》 序曲
 歌劇 《第1回十字軍のロンバルディア人》 第3幕 より
「エルサレムへ、エルサレムへ」
ボイト:歌劇 《メフィストフェレ》 プロローグ

兵庫芸術文化センター管弦楽団 2015-16シーズン 第87回定期演奏会 ドミトリー・キタエンコ 深遠なるロシア(兵庫県立芸術文化センター)
プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調 op.25「古典交響曲」
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 op.64

兵庫芸術文化センター管弦楽団 2015-16シーズン 第88回定期演奏会 下野竜也 バッハの大いなる魅力(兵庫県立芸術文化センター)
ボッケリーニ/ベリオ:マドリードの夜の帰営ラッパ
ブリテン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.15 (ヴァイオリン;コリヤ・ブラッハー)
J.S.バッハ/エルガー:幻想曲とフーガ ハ短調 op.86
J.S.バッハ/レーガー:おお人よ、汝の大いなる罪を嘆け
J.S.バッハ/ホルスト:ジーグ風フーガ
J.S.バッハ/齋藤秀雄:シャコンヌ

エンリコ・オノフリ バロック・ヴァイオリン〜メランコリア賛〜(兵庫県立芸術文化センター)
カステッロ:新しい様式による二つのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ 第4番
フォンターナ:ソナタ 第2番
パンドルフィ・メアッリ:ヴァイオリン・ソナタ ”ラ・チェスタ”
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 RV12
ヴェラチーニ:ソナタ・アカデミーケ op.2より 第5番
ボンポルティ:インヴェンツィオーネ op.10より 第4番
ヴィヴァルディ:ソナタ op.Ⅰより 第12番 二つのヴァイオリンのための ”ラ・フォリア”
  バロック・ヴァイオリン エンリコ・オノフリ 杉田せつ子 チェンバロリッカルド・ドーニ

マリス・ヤンソンス指揮/バイエルン放送交響楽団 (兵庫県立芸術文化センター)
マーラー:交響曲 第9番 ニ長調

レイフ・オヴェ・アンスネス ピアノ・リサイタル (兵庫県立芸術文化センター)
シューベルト:3つのピアノ曲(即興曲) D.946
シベリウス:即興曲 第5番
シベリウス:3つのソナチネ 第1番
シベリウス:2つのロンディーノ 第2番
シベリウス:ロマンス op.24-9
ドビュッシー:版画 Ⅰ. 塔 Ⅱ. グラナダの夕べ Ⅲ. 雨の庭
ショパン:バラード 第2番
ショパン:ノクターン 第4番
ショパン:バラード 第4番

兵庫芸術文化センター管弦楽団 2016-17シーズン第93回定期演奏会 アルミンク&クンウー・パイク 華麗なる第3番 (兵庫県立芸術文化センター)
ハイドン:交響曲 第70番 ニ長調
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調
ブラームス:交響曲 第3番 ヘ長調
  ピアノクンウー・パイク

<その他>

村井國夫×春風ひとみ トーク&コンサート ~ある夫婦の物語~(逸翁美術館マグノリアホール)
乱鶯 (梅田芸術劇場)
チック・コリア&小曽根 真 ピアノ・デュオ プレイズ・アコースティック(兵庫県立芸術文化センター)
SHINKANSEN RX  Vamp Bamboo Burn!(フェスティバルホール)

<番外編 海外にて>

Don Pasquale (MET, NY)
Manon Lescaut (MET, NY)
Les Miserables (Imperial Theatre, NY)
Waitress (Brooks Atkinson Theatre, NY)
Electra (MET,NY)
The Color Purple (Bernard B. Jacobs Theatre, NY)
She Loves Me (Roundabout Theatre Company Studio 54, NY)
School of Rock (Winter Garden Theatre)
Hamilton (Richard Rodgers Theatre, NY)
Così fan tutte (Felsenreitschule,Salzburg)
Die Liebe der Danae (Grosses Festspielhaus,Salzburg)
Vienna Philharmonic • Riccardo Muti (Grosses Festspielhaus,Salzburg)
  RICHARD STRAUSS • Der Bürger als Edelmann – Orchestral suite, Op. 60
  ANTON BRUCKNER • Symphony No. 2 in C minor, WAB 102
Don Giovanni (Haus für Mozart, Salzburg)
Der fliegende Holländer (Festspielhaus, Bayreuth)
Götterdämmerung (Festspielhaus, Bayreuth)
Les Contes D'Hoffmann (Bastille, Paris)
Lucia Di Lammermoor (Bastille, Paris)

過去の観劇記録→2009年2010年2011年2012年2013年2014年
2015年
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-12-25 21:15 | 徒然やら日記やら

2016 とりあえず、のコンサート納め

年末休み前の今年最後のエンタメは兵庫芸術文化センター管弦楽団 2016-17シーズン第93回定期演奏会。指揮はアルミンク。サブタイトルは「華麗なる第3番 」

ハイドン:交響曲 第70番 ニ長調
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調
ピアノクンウー・パイク
アンコール シューマン ピアノソナタ第1番第2楽章アリア
ブラームス:交響曲 第3番 ヘ長調
  アンコール ブラームス ハンガリー舞曲 第5番

ハイドンは正直少し眠くなってしまったが、尻上がりに盛り上がった感の公演。うーん、でもベートーヴェンピアノコン3はもう少し色気欲しかった…ちょっと退屈しちゃった。なーんてえらそうねw
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-12-25 20:55 | その他の舞台

ラミン ミュージカル コンサート

エキサイトブログの不具合でパソコンから投稿できず(今もできない)、iPadからちんたらと。

何度も来日してくれてるラミンではあるが、彼の名を冠したコンサートは初めてちゃうかな?(ロンドンで彼のオリジナル曲中心のソロコンを聴いた友人いわく、〈ミュージカル〉が付いてるの大事!とのことw)

なんとなんと最前列を陣取り、思いっきり楽しませてもらいました。少し早いクリスマスプレゼントをもらったような。それにしてもむきっむきになってたね。

以下セットリスト羅列。

Sunset Boulevard
Being Alive
High Flying, Adored
Can't Take My Eyes Off You
Point Of No Return
I'd Give My Life For You
Happy Chiristmas
The Impossible Dream
Bring Him Home
On My Own
Burnish Aires
All I Ask Of You
Elaborate Lives
'Til I Hear You Sing
Piano Man
What I Did For Love
クリスマスイブ(山下達郎)
I Dreamed a Dream
Anthem

ゲストは濱田めぐみさん。彼女とのアイーダからのデュエット素晴らしかったなー。選曲はJOJさんのコンサートとどうしても被るんだけど、それが聴きたいわけだしw 4Stars ではワンフレーズでPOTOメドレーになってしまい、えー!最後まで歌ってー!!と悲鳴が出た'Til I Hear You Singをしっかり歌ってくれたのが大大満足。そーいや、私ラミンの生歌はロンドンでのこの曲が初めてだったんだよねぇ。そりやーノックアウトされるわ。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-12-24 15:02 | ミュージカル

レイフ・オヴェ・アンスネス ピアノ・リサイタル

 水曜日のBRSO公演の感動覚めやらぬ土曜日、アンスネスピアノリサイタルを聴きにまたしても芸文へ。2014年5月の公演が彼の急病のためキャンセルになって以来、かな。

 ステージに登場した彼はグレーのぴったりしたスーツ姿でなんだか最近の若いサラリーマンのよう。

シューベルト:3つのピアノ曲(即興曲) D.946
シベリウス:即興曲 第5番
シベリウス:3つのソナチネ 第1番
シベリウス:2つのロンディーノ 第2番
シベリウス:ロマンス op.24-9
ドビュッシー:版画 Ⅰ. 塔 Ⅱ. グラナダの夕べ Ⅲ. 雨の庭
ショパン:バラード 第2番
ショパン:ノクターン 第4番
ショパン:バラード 第4番

アンコール曲
ショパン:ポロネーズ第6番変イ長調 作品53
シベリウス:悲しみのワルツ

 ピアノを習っていた人ならみんなそうだと思うんだけど、完璧に覚えていない曲でも次の音をほんの0.何秒かの手前で音を予想してしまうような感じがあるよね。大体こうくるんだろうな、という予定調和的な音階というか。それを楽しめるようなテンポでむちゃ心地よかった。気付くと彼の呼吸に合わせてしまったり、足や指が動いたりしてしまったよ・・・(また習いたい、とは不思議に思わないんだけど)。特にシューベルトは本当に折り目正しく、だったなあ。

 ショパンでゆうるりと気持ちよくなっていたら、アンコールの英雄ポロネーズではまさにマーチのようなワルツのような音の弾み方ににんまりしてしまった。脳内で踊るポロネーズw

 一週間で3回という怒濤のホール通いだったけれど、どれもこれも極上の時間で満足満足。今年もあと一ヶ月ほどだけれども、残っているチケットが少なくなってきて寂しい一方、いろいろあったけれどキャンセルしないで済んで(今のところは)総じて幸せな一年だったなあとも思い返す。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-11-27 08:33 | その他の舞台

5月以降読んだ本羅列

帰ってきたヒトラー ティムール・ヴェルメシュ
 ヒトラーが永い眠りから目を覚ましたところは現代のベルリンだった・・・。という物語。いやもう、先日のアメリカ大統領選のあとでは悪い冗談とは思えないような展開に背筋が寒くなる思いに。

僕の違和感 オルハン・パムク
 いとこの結婚式で一目ぼれした女性と一度も会わぬまま周囲の助けで駆け落ちした主人公・・・あれ、でも別人?てところから彼の半生を本人と関係者の語りでつづっていく。一昔前のイスタンブールの生活がくっきり見えてくる。ユーモアとペーソスが絶妙な塩梅。

コンビニ人間 村田 沙耶香
 30代後半・独身・職歴はコンビニバイトのみの主人公は人の心の機微をとらえることができない。が、コンビニのシステムには不思議と順応していてその姿は安寧を得ていて幸せなようにも思えるのだが、世間一般はそうはとってくれないんだよな・・・。

聖の青春  大崎 善生
 先日映画が公開になったがそれは観ていない。早逝した棋士村山聖の人生をつづったノンフィクション。

永い言い訳  西川美和
 こちらも映画化されたけれどそれは観ていない原作本。妻が亡くなった日、愛人と浮気していた幸夫。葬儀でも泣けなかった彼が、最終章で涙を流す。

ワカメちゃんのパリのふつうの生活 長谷川 たかこ
 漫画家長谷川町子さんの姪であるたかこさんのパリの生活をつづったもの。パリ大好き少女の先駆者みたいなもんだよなあ。筋金入り、って感じ。

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。 稲垣えみ子
 齢五十で朝日新聞社を退社した稲垣氏の退職前~退職直後につづった随筆。電気ほぼゼロ生活を送る彼女をテレビ番組で紹介されていて興味をもって読んだ。

魂の退社―会社を辞めるということ。 稲垣えみ子
 上に同じ。

私の暮らしかた 大貫妙子
 散文散歩 以来彼女のエッセイのひそかなファンである。お母様が亡くなったときのエッセイでは滂沱の涙を流してしまった。

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて 山内マリコ
 こういう買い物エッセイってわりと好き。

真田幸村 -真田三代伝-竹本友重
 毎週日曜日が楽しみな真田丸。これは原作本ってわけじゃないんだけど、真田家のエピソードがきっちり描かれていて読みごたえあり。

・・・こんなもんかな?軽い本ばっか読んでるねえ~~。どうも最近、腰を据えて小説の世界に没頭するという気持ちになりにくいなあ。ぐわっと引き込まれる小説との出会いを待つ心持。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-11-25 21:00 | 読書

ヤンソンスのマーラー9

 急に寒くなった勤労感謝の日。マリス・ヤンソンス指揮・バイエルン放送交響楽団の来日公演を聴きに西宮へ。曲はマーラー:交響曲 第9番 ニ長調。実演は初めて聴くのだった(何年か前にWPhとサロネンのタッグで予定されていたのがキャンセルになったっけなあ~)。

 開演前まで少し先の旅の予定をあれこれ悩んでいて煩悩の塊だったんだけれど、いやはや吹っ飛びました。どこかミュージカル音楽みたいなドラマティックな第一楽章に始まり、第二楽章の愉快な旋律ににんまり、第三楽章でぐいっと盛り上げて、涙が出そうになる第四楽章の美しさ・・・。いや~、もうね、いつまでも聴いていたい感じ。曲が終わって欲しくなくて寂しくて泣けた。そういや、先日のラインゴールドでも同じように終わるのが寂しくなったっけ。この一週間で二回もこんな気持ちになる演奏会を聴けてホンマ幸せ。

 特にトラペットとフルートに痺れたわ・・・。きりっとしたりささやくようだったり緩急自在。4階席最前列での鑑賞だったのだけれど、やっぱりここらへんが好みだなああ。売り切れちゃってなかなか取れないんだけどね。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-11-24 20:19 | その他の舞台

ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN  ラインの黄金

 バイロイトでワグナー先輩の方々に大いに薦められて現地からポチった公演の日がやってきた。あれから3ヶ月。早いなあ〜〜。

 ティーレマンが指揮するオペラは初めて観る。実はこれまで彼が振る交響曲を何度か聴いた時はそれほど心惹かれなかったんだけど、あるときアンコールで演奏したリエンツィ序曲がむっちゃよかったんだよねえ。なのでちまたで言われている、彼とワーグナーとの相性の良さみたいなのはなんとなくわかっていた。で、実演聴いて思ったのが、交響曲での外連味みたいなのがなくて予想外に王道で緻密で丁寧な印象だな〜ということ。全く指揮に疎い私だけれど、交響曲とオペラとでは音の作り方が違うのかなあとすら思った。重量級なのに繊細でなんか楽しい!なワーグナーでありました。

 全く予習してなかった今日の歌手陣。なんとミーメもファーゾルトもフライアもエルダも、この夏ザルツやバイロイトで聴いてた。なんと贅沢なことだろう。バイロイトでお知り合いになった方々との再会もあり、で楽しかった夏の続きのような気分になった。

指揮クリスティアン・ティーレマン
出演ヴォータン:ミヒャエル・フォッレ
フリッカ:藤村実穂子
フライア:レギーナ・ハングラー
アルベリッヒ:アルベルト・ドーメン
ミーメ:ゲアハルト・ジーゲル
ローゲ:クルト・シュトライト
ドンナー:アレハンドロ・マルコ=ブールメスター
フロー:タンセル・アクゼイべク
ファーゾルト:ステファン・ミリング
ファフナー:アイン・アンガー
ヴォークリンデ:クリスティアーネ・コール
ヴェルグンデ:サブリナ・ケーゲル
フロスヒルデ:シモーネ・シュレーダー
エルダ:クリスタ・マイヤー
管弦楽:シュターツカペレ・ドレスデン

舞台統括:デニー・クリエフ
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-11-23 20:57 | その他の舞台

エンリコ・オノフリ メランコリア賛

 パリと前後してしまうが、10月末に聴いたバロックヴァイオリンとチェンバロのコンサート。友人が杉田さんと同級生だったということで誘われていった。全く予習せずに聴いたのだけれど、芸文の小ホールの独特のサロン感で贅沢な時間を過ごさせてもらった。

 演奏とは別のところで面白かったのが、チューニング。まずチェンバロとオノフリ氏が音合わせをして、そのあとオノフリ氏と杉田さんだけで合わせるのだ。そのせいだろうか、二人が合わせて演奏する二曲では、目を閉じていたらまるで一台のヴァイオリンが音を奏でていると思うくらいにぴったりとあう瞬間が何度も。

 杉田さんのドレスがとっても素敵だったのだけれど(ベルベットでさらりとしたロングドレス、ヴァーガンディとグレーにブルーがポイント→杉田さんのブログに写真が載ってた)、これも杉田さんとの共通の友人が彼女に合わせてデザインしているらしい。終演後みなさんで写真を撮ったり談笑したりしてはる姿を少し遠目にほほえましく眺めていた。あったかい時間でありました。

バロック・ヴァイオリン;エンリコ・オノフリ 杉田せつ子
チェンバロ;リッカルド・ドーニ

カステッロ:新しい様式による二つのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ 第4番
フォンターナ:ソナタ 第2番
パンドルフィ・メアッリ:ヴァイオリン・ソナタ ”ラ・チェスタ”
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 RV12
ヴェラチーニ:ソナタ・アカデミーケ op.2より 第5番
ボンポルティ:インヴェンツィオーネ op.10より 第4番
ヴィヴァルディ:ソナタ op.Ⅰより 第12番 二つのヴァイオリンのための ”ラ・フォリア”

アンコール曲
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より シャコンヌ
ビーバー:技巧的で楽しい合奏 パルティータ第6番より 第1楽章
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-11-18 09:06 | その他の舞台

Lucia Di Lammermoor

e0164774_7334050.jpg
 今回2本目観劇はランメルモールのルチア。前日のホフマンがすこぶるよかったこともあって期待度高めで劇場入りしたのだったが・・・

いや~眠かった。実は三分の一くらい寝てしまったのよねー。狂乱の場で寝ちまうなんてよっぽど(以下略)

 なんでなんやろう?と自己分析するに、とりあえずオケがドニゼッティしてへんかった…タメがなくてあっさり盛り上がらないドニゼッティ。演出といい、わざと色を消したのかと思うくらい。

 その演出。冒頭、見世物小屋みたいな軍隊みたいな雰囲気で始まる。上から体操競技みてる紳士達がお金投げ入れてて頭の中に??マークが。そして途中梯子のようなものが出たりするものの、陰気なすり鉢状の空間で物語が進む。てか物語に沿わなくて解釈もしにくい感じ。もともと酷いハナシではあるんだけど閉塞感が半端ない。そういや、二幕冒頭のエンリコとエドガルドの決闘の日時を決めるシーンがまるっと省略されてたけどなんでなんやろう??

 ともかく全般にノリのようなものを消した感じの舞台に歌にで、決して悪いわけじゃないんだけど、個人的にはあのドニゼッティのお約束感みたいなのが好きなので、それがなかったぶん退屈に感じてしまった。
e0164774_7353432.jpg
 ルチアも美しい声なんだけど心揺さぶられなかったのよ〜〜(涙)。私の感受性の問題かもしれないけど。

Conductor; Riccardo Frizza
Director; Andrei Serban
Enrico Ashton;Artur Ruciński
Lucia;Pretty Yende
Edgardo di Ravenswood; Piero Pretti
Arturo Bucklaw; Oleksiy Palchykov
Raimondo Bidebent; Rafal Siwek
Alisa; Gemma Ní Bhriain
Normanno; Yu Shao
e0164774_7355251.jpg
 こんなことを言うのはせんないけれど、昨日のホフマンと順番が逆だったらよかったかなあ〜と思いつつ、バスティーユを後にした。
[PR]
# by tigersandcatlover | 2016-11-17 19:42 | 16/NY・SZGバイロイト・Paris


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS・NY
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH-MUC

タグ

(148)
(120)
(94)
(79)
(63)
(36)
(34)
(23)
(18)
(12)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧