タグ:オペラ・オペレッタ ( 85 ) タグの人気記事

沼尻竜典オペラセレクション ベッリーニ作曲 歌劇『ノルマ』

 オペラスキーの友人にマリエッラ・デヴィーアは素晴らしいよ、と薦められて、観ることにした一本。

 序曲でオケがあまりにもマイルドな演奏でハニャ~としたけれど、ポップが出てきたあたりから歌手の力に引っ張られてどんどん惹きこまれていった。デヴィーア、ほんまに素晴らしかった。冒頭ちょっと声が裏返った?と思ったけど、あとはコロコロ響かせてくれて、幕間に年齢チェックしてびっくり。とても70歳前とは思えない・・・。演技も細かくてまさにノルマを生きてるって感じだった。二幕はじめのアダルジーザとの二重唱なんかもう泣けてしまったわよ。

 日本人キャストの中では松浦さんがよかったなあ、というのも自分メモ。

沼尻竜典オペラセレクション
ベッリーニ作曲 歌劇『ノルマ』全2幕〈イタリア語上演・日本語字幕付〉


指揮:沼尻竜典 Ryusuke NUMAJIRI(びわ湖ホール芸術監督)
演出:粟國 淳 Jun AGUNI
美術:横田あつみ Atsumi YOKOTA
衣裳:増田恵美 Emi MASUDA
照明:原中治美 Harumi HARANAKA
舞台監督:菅原 多敢弘 Takahiro SUGAHARA

■キャスト

ノルママリエッラ・デヴィーア Mariella DEVIA
アダルジーザラウラ・ポルヴェレッリ Laura POLVERELLI
ポッリオーネステファン・ポップ  Stefan POP
オロヴェーゾ伊藤貴之 Takayuki ITO
クロティルデ松浦 麗  Rei MATSUURA
フラーヴィオ二塚直紀 Naoki NIZUKA
                

■管弦楽  トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア

■合唱  びわ湖ホール声楽アンサンブル/藤原歌劇団合唱部


[PR]
by tigersandcatlover | 2017-11-01 10:24 | その他の舞台

NHK音楽祭~バイエルン国立管弦楽団

 タンホイザー観劇からわずか2日をはさんでまたしても上京。この日はNHK音楽祭の一環であるコンサート。ピットの中では全身が見えないペトレンコの指揮姿をしっかと見せてもらいました。楽しい。

 ただマーラーはほんのり睡魔が・・・すいませんすいません。でもワルキューレは冒頭から目がぴょんと覚めた。一幕で終わってしまうなんて酷だわあ~~。つづきが強烈に観たくなって欲求不満な感じに。これって壮大なるミュンヘンへのいざないかしらん。

 ペトレンコがタクトを挙げるとすっと客席が真空状態みたいに無音になる瞬間に、出演者だけでなくわれわれも指揮されてるんだ、と思った。

マーラー作曲 こどもの不思議な角笛

マティアス・ゲルネ

ワーグナー ワルキューレより第一幕

ジークムント;クラウス・フロリアン・フォーククト
ジークリンデ;エレーナ・パンクラトヴァ
フンディング;ゲオルグ・ツェッペンフェルト

指揮;キリル・ペトレンコ

[PR]
by tigersandcatlover | 2017-10-03 17:26 | その他の舞台

バイエルン国立歌劇場来日公演 タンホイザー

 平日さぼってバイエルン国立歌劇場来日公演を観にNHKホールへ。話題のペトレンコが振る新演出とあって、どうしてもどうしても観てみたくなったのだった。

 まずはそのペトレンコ指揮。序曲のふわりとした優しい始まりからすっかり魔法にかかってしまった。なんというか…ワグナーなのに勇ましくないのだ。あったかくて優しいタンホイザー。よいわよいわ。そして弾丸LAから帰国直後で強烈に疲れているはずなのに、睡魔はちらとも訪れず。どうやらペトキョンは私のスイマーセンサーを反応させないらしい。

 フォークトは合わないかと思ってたけどギャップ萌えみたいな説得力もあり(清廉なオトコが魔力で道を誤ってしまったような痛々しさみたいな?)だからこそのエリザベートの行動に説得力があった。根っからいかにも誘惑に弱そうなオトコにみえちゃうと、なんでヴォルフラムじゃダメなん?てツッコみたくなるんだもん。そして逆に誰でもヴェーヌスベルグへ落ちてしまうのだ・タンホイザーが特別じゃないんだというメッセージが際立つ感じだった。穿ち過ぎかもしれんが。

 演出はシンプルで読み替え過ぎずで音楽に集中できてよかった。まぁ、歌合戦のシーンでヘルマン以下全員寝そべったのがツボに入ってしまい、笑いを堪えるのに苦労したがww あと、現地なら完全ラで演じたのかな?な薄手肉襦袢の下りもちょっと集中力削がれたわね(これは現地でも今回と同じでちゃんと肉襦袢を着用していたとフォロワーさんに教えていただいて安心<なんでやw)最後、皆が並んで彼岸に佇むさまはレミゼの「列に入れよ我らの仲間に♬」を連想してしまったのはやはり私がミューヲタ脳だからだろう。

指揮;キリル・ペトレンコ
演出;ロメオ・カステルッチ

ヘルマン;ゲオルグ・ツエッペンフェルト
タンホイザー;クラウス・フロリアン・フォークト
エリーザベト;アンネッテ・ダッシュ
ヴォルフラム;マティアス・ゲルネ
ヴェーヌス;エレーナ・パンクラトヴァ

バイエルン国立管弦楽団

[PR]
by tigersandcatlover | 2017-10-02 22:31 | その他の舞台

Die Meistersinger von Nürnberg

 いつもそういう幸運な舞台体験ばかりにあたるわけじゃないんだけれど、オペラを観ていて、何も考えずに物語の世界にストンと入ってしまうことがある。バイロイトでの観劇4回目にしてこのマイスタージンガーはその幸運な体験の一つになったなあ、と終演後まだその物語の中にいるような気分が続いている。

 そんなわけなのでまた考察することもなくつらつら備忘録的に。

・名演出だと思う。洗練とノスタルジックの混在。もの凄く重層的。なんども観たくなるような、隠された意味を捜してしまうような。この楽劇を・素晴らしい演奏を楽しみながら、頭の芯で暗いものを読み解くような不思議な感覚になった。一幕の登場人物をワグナー・ヴァンフリートのサロンに実際にいる人々・そしてワグナーが頭の中で紡ぎだした人物の混在が演じるという劇中劇的な部分からもうぞくぞくしてしまう(ワーグナーがザックス、コジマがエーヴァ、リストがポーグナー、ピアノから出てきたワーグナーがヴァルター、レヴィがベックメッサー、女中がマクダレーネというわけ)。特にユダヤ人指揮者であるヘルマン・レヴィにベックメッサーを演じさせるというところからの導入が見事。

・フォークトさんの生オペラはたった3回しか聴いていないけれど、こんなにくらくらっとしたのは初めて。ふわっと包まれるような豊穣な声にうっとり。初演時のNYタイムズの劇評ではハーフスロットル、と評されていたが、この日は全くそんなことなく一幕から完全にフルスロットルだったと思う。このまま最後まで保つかしら・・・との心配も杞憂。

・フォッレさん。映像でしかみていないが、前回のマイスタージンガーでのベックメッサーの怪演が印象的だったので、キャストが発表された当初、え?ザックス?と少々ミスマッチに感じてしまっていた。すいませんすいません。当時に比べてふくよかになられているのかな?最後のザックスの演説の温かいこと。いつまでも聴いていたかった。あ〜もう終わってしまう・・・と違う意味で涙してしまったよ。

・Kränzleさん演じるベックメッサー、この演出のせいかもしれないけれど、可愛そうなんだけど可愛らしい(変な日本語だw)。

・どの幕も最後にぞわり、とさせられるんだけど、特に一幕ラスト。ヴァンフリートのサロンが後ろへ下がって行くと、そこには突然600号法廷が姿を現す。連合国の旗に冷たい蛍光灯の光、そして兵士。それまでただ楽しい気分で観ていたのが一瞬にしてヒヤリ、と鳥肌が立った。この瞬間のぞわぞわ感を少しでもきちんと味わうために、ニュルンベルグ裁判所へ足を運んだんだ、と思った。もちろん、ドイツはじめヨーロッパの人たちの感じ方の半分もできていないだろうけれどね。
e0164774_21444092.jpg
e0164774_21451566.jpg
ConductorPhilippe Jordan
DirectorBarrie Kosky
Stage designRebecca Ringst
CostumesKlaus Bruns
Choral ConductingEberhard Friedrich
DramaturgyUlrich Lenz
LightingFranck Evin
Hans Sachs, SchusterMichael Volle
Veit Pogner, GoldschmiedGünther Groissböck
Kunz Vogelgesang, KürschnerTansel Akzeybek
Konrad Nachtigal, SpenglerArmin Kolarczyk
Sixtus Beckmesser, StadtschreiberJohannes Martin Kränzle
Fritz Kothner, BäckerDaniel Schmutzhard
Balthasar Zorn, ZinngießerPaul Kaufmann
Ulrich Eisslinger, WürzkrämerChristopher Kaplan
Augustin Moser, SchneiderStefan Heibach
Hermann Ortel, SeifensiederRaimund Nolte
Hans Schwarz, StrumpfwirkerAndreas Hörl
Hans Foltz, KupferschmiedTimo Riihonen
Walther von StolzingKlaus Florian Vogt
David, Sachsens LehrbubeDaniel Behle
Eva, Pogners TochterAnne Schwanewilms
Magdalene, Evas AmmeWiebke Lehmkuhl
Ein NachtwächterKarl-Heinz Lehner

[PR]
by tigersandcatlover | 2017-08-22 13:00 | 17/ZRH MUCバイロイトLA NY

マイスタージンガーなニュルンベルグあれこれ

 もう一つ観た演目は新演出のDie Meistersinger von Nürnbergなんだけど、その感想を書く前に、今回バイロイト入りする前に前泊したニュルンベルグのスナップあれこれ。

 ニュルンベグル泊の主目的はもちろん、こちらw。
e0164774_9524141.jpg
昨年は開店時間と列車の時間の都合で入れなかったHeillig-Geist-Spitalへ。夕食だけでは飽き足らず、翌日の昼食もここでリピート。

↓ブルスト以外に食べたもの。↓
e0164774_957236.jpg
e0164774_957484.jpg
Museum-brückeからのぞむ店外観。まるでルネ・マルグリットの絵のようだわ〜。
e0164774_9551699.jpg
お店のすぐそばのハンス・ザックス像にもご挨拶。
e0164774_959178.jpg


 さて、実は出発直前になってもう一つ是非行ってみたい場所が増えたのだった。というのも今回のBarrie Kosky氏による新演出、どうやらかのニュルンベルグ裁判に用いられた法廷を舞台の上に再現しているというではないか。しかもまさにその600号法廷がそのまま残っていて、土日の午後のみ見学が出来るという。ちょうど土曜日泊だったこともあり、これは何かのお導きか?みたいな気分で見学することにした。
e0164774_1034564.jpg
e0164774_1043346.jpg
e0164774_1045394.jpg
左は当時の写真。
e0164774_105432.jpg
法廷だけではなく、ニュルンベルグ裁判の記録がかなり詳しく展示されていて、そこには東京裁判についても触れられていた。これまで訪問したドイツの都市はそれほど多くないが、どこも必ず第二次世界大戦のあとの傷跡をきちんと残している(それも意図的に)。

 ニュルンベルグ裁判となるとどうしてもナチズムからは逃れられない。ということでZeppelin広場へ足をのばした。
e0164774_1017153.jpg
e0164774_1017333.jpg
e0164774_10175391.jpg
記録映像でみたあの場所に今いるのだ、と胸に刻みながら。
[PR]
by tigersandcatlover | 2017-08-20 10:23 | 17/ZRH MUCバイロイトLA NY

Parsifal@Bayreuth

e0164774_23185750.jpg
 昨年に引き続いてバイロイト音楽祭を再訪してきました。今回も2演目だけの参加なんだけど昨年と違って本当に観たかった演目2つなので満足度がむちゃ高かった。特に前回どうしても取れなくて悔しい思いをしたパルジファルの開演前は一年越しでようやく観ることができるということで始まる前からちょっとうるうるしていたかも。 

 まだ正直ちょっと消化しきれてなくてふわふわした感じなのでまとまりないメモみたいな感想を羅列。放映された昨年の映像とつい比べてしまいつつ。

 ・パルジファル以外は昨年と全員同じだな〜と思っていたらこの日はクリングゾル役がWerner Van Mechelenさんに変更になっていた。Weltonさんよりちょっと丸い感じ。
e0164774_23193378.jpg
(2幕のカーテンコール。一番下手が彼)

 ・席は8列目ほぼセンター。右前に少し大きい男性が座ってしまったのでややビューラックだったけれど、二幕目だけは誰かと席を交替したようでやや見やすかったかな。オペラグラスがなくてもしっかり表情が見えるのはやはり嬉しい。音はひょっとしたらもう少し後ろの方が個人的には好みかも、と思った。単にバイロイトでの4演目のうち3演目はすべて15列目以後で聴いたせいかもしれない。

 ・ゼッペンフェルドさんのグルネマンツが絶品。彼の説明的な歌をいつまでも訊いていたいくらいに。逆にアンフォルタスは少々物足りなく。クンドリのパンクラトヴァさんは一幕声がぱっと聴こえてこなくて不安になったけれど、二幕はまあまあ(って何様?w)。ただ声が放散するように聴こえてしまい、ぐわっと前にこない気がしてしまったのは私のコンディションのせいかもしれん(前夜からの発熱でぼや〜としてしまってたのだった)。シャーガーさんは期待通りというかなんというか。ただ5月のヴィスバーデン神々の黄昏でのジークフリート聴いたときのあの弾けるような(こちらが笑ってしまうような)大音量ではなく、やんちゃじゃない声になってた。プロだから当然なんだけれど、やはり役柄で声を替えてるんだね〜。フォークトさんは何を演じてもフォークトさん、でそれがまた彼の魅力でもあるんだけど。

 ・聖杯の儀式中、シャーガーさんのパルジファルは苦しそうにしたり頭を抱えたりもうハナから「共に苦しみ」まくっていて、あの姿をみたらグルネマンツも彼が何者かわかったはずやのに〜と思った。去年のフォークトさんはただただ困惑しているだけだったので。どっちがいいとかわかりやすとかじゃなくて違いが面白いなあと。このあともシャーガーさんの演技はずっとト書で何考えてるかわかるような感じなんだけど、彼がオペレッタ出身と聞いてなるほどと納得。

・ここでの舞台では毎回思うけれどコーラスが本当に美しい。重層的なのにまるで一つの声みたい。騎士たちの怒りの声では集団心理の恐ろしさを感じるし、一幕と三幕の終盤なんかはもうまさに天上の声。

・セットの上に誰かいる?と思って単眼鏡で覗くと緑の服を着た人形が。妙にリアルだったので最初は大道具のスタッフさんかと目を凝らしてしまった。これ、三幕の一場以外はずっとそこにあるんだけれど、映像では最後の最後にちらっと写るまではフレームアウトしていて存在に気付かなかったんだよね・・・。ワグナーが俯瞰して見ているんじゃないかとか、救世者のメタファーなんじゃないかとか、一緒に観劇した友人達と話す。答えは出なかったけれど、そういうことをdiscussionさせるのも狙いなんだろうな、きっと。

・最終盤のコーラスのところぐらいで客電がついて客席全体が救済された気分になった。全般通してあったかい「パルジファル」でした。
e0164774_23203141.jpg
ConductorHartmut Haenchen
Marek Janowski (5.8.)
DirectorUwe Eric Laufenberg
Stage designGisbert Jäkel
CostumesJessica Karge
LightingReinhard Traub
VideoGérard Naziri
DramaturgyRichard Lorber
Choral ConductingEberhard Friedrich
AmfortasRyan McKinny
TiturelKarl-Heinz Lehner
Günther Groissböck (27.7.)
GurnemanzGeorg Zeppenfeld
ParsifalAndreas Schager
KlingsorDerek Welton
Werner Van Mechelen
(14.8)
KundryElena Pankratova
1. GralsritterTansel Akzeybek
2. GralsritterTimo Riihonen
1. KnappeAlexandra Steiner
2. KnappeMareike Morr
3. KnappePaul Kaufmann
4. KnappeStefan Heibach
Klingsors ZaubermädchenNetta Or
Klingsors ZaubermädchenKatharina Persicke
Klingsors ZaubermädchenMareike Morr
Klingsors ZaubermädchenAlexandra Steiner
Klingsors ZaubermädchenBele Kumberger
Klingsors ZaubermädchenSophie Rennert
AltsoloWiebke Lehmkuhl

[PR]
by tigersandcatlover | 2017-08-19 23:26 | 17/ZRH MUCバイロイトLA NY

La traviata@Bayerische Staatoper

 さて三つ目の滞在地、三つ目のオペラ。ミュンヘンはバイエルン歌劇場にやってまいりました。
e0164774_19431439.jpg

La traviata


Conductor; Andrea Battistoni
Director; Günter Krämer

Violetta Valery; Sonya Yoncheva
Alfredo Germont; Arturo Chacón-Cruz
Giorgio Germont; Leo Nucci

 前日の神々の黄昏のチケット確保も大概ぎりぎりだったけど、ここバイエルンの一般発売は公演の2か月前。でもまあトラヴィアータやからそんなに苦労しないんやないかなあと高をくくっていた。バッティストー二の指揮とヌッチのジェロモンパパが観れたらいいくらいな軽い気持ちだったし。ところが、発売開始早々にサイトにアクセスして席をもたもた探していたらどんどん恐ろしい勢いで売れていき、30分後くらいにはほとんどフルハウスの状態に。ひえ~バイエルンおそるべしだなあ、と思っていたら・・

 感想羅列。

1)バッティストー二、歌いまくり。この日は2列目で鑑賞してたのだけれど、いやもうずっとフンフンタンタンフガー!と鼻歌レベルでない歌い方。私のひとつ前の席のカップルはかなり険しい顔で指揮者方面を睨んでいたと思うw

2)ヨンチェバ凄い!見目良し歌良し演技良し。決してボリュームのある体格じゃないのにすんごい声量。ヴィオレッタ絶命の場面でもド迫力もので、それを良しとしない人もいるかもだけど、もうそんなん吹っ飛んでた。それくらい説得力のある歌声だった。で、全く予備知識なくて言ってたので知らんかったんやけど、彼女最近の注目株らしい。ひょっとしてあのチケットの売れ行き好調は彼女の効果やったんかもしれん。いやきっとそう。

3)アルフレート役のChacón-Cruzはちょっと見た目の雰囲気がグリゴロくんに似てる。彼をあっさりにしたような感じ。体格とか仕草とかが。アリアのときは、お~気持ちいい、って感じでスコーンと来るんだけど、これがヴィオレッタと一緒だと声が霞んでしまう。そこだけが少々残念だったかも。

4)ヌッチさまはもうね~いぶし銀だなあ。ヨンチェバとの二重唱も、ヴィオレッタが歌い上げない曲だったからてのもあるけれど、むっちゃ気持ちよくハーモニーを聴かせてくれた。あの暗く重いシーンをずっと聴いていたくなったくらいに。

5)二幕目の最後、アルフレートに侮辱されて悲しみに暮れるヴィオレッタのシーンで、なんとなくイメージ的にはアルフレートとジオルジョとの三重唱にコーラス、だと思うんだけど、この日の演出はヴィオレッタだけにスポットがあたって、ジェロモン親子にも照明あたらず、薄い幕に隔たれて後ろでその他大勢扱い。いや~なんか、徹頭徹尾この日はヴィオレッタ=ヨンチェバメインな感じだったねえ。まあ私の感想もそんな感じになっちゃってるな・・・。


[PR]
by tigersandcatlover | 2017-05-08 19:43 | 17/ZRH MUCバイロイトLA NY

Götterdämmerung@Wiesbaden

e0164774_22192818.jpg
 快晴のチーリュッヒの翌日は雨のWiesbadenへ。フランクフルトからS Bahnに乗って30分ほどの保養地であります。本当にドイツって各都市にオペラハウスがあるんだなあ〜。

 演目はGötterdämmerung。もちろんリングチクルスが上演されていたのだけれど、日程的にこの日しかいけなくて(無理をすればSiegfredもなんとか行けたのだけれど)、それでもフライト的には日本からFRA-ZRH-FRAと行ったり来たりすることになってしまった。のに行こうと思ったのは去年の東京春祭で素晴らしいSiegfredを聴かせてくれたシャーガーが歌ってくれるからなんだった。

 で、このリング。4月にすでに二回上演されていて、それは通常通り半年ほどまえにチケット販売されたのだが、私が行った日はMAIFESTSPIELEの一貫だったため、シングルチケットの発売日が今年の2月中旬になってからというキワキワさ。まったく遠征族には辛いわ・・・。そんなわけで、2月に博多座で観劇中の幕間にこれまたドキドキしながらチケットを買ったんだった。こんなんばっかりやわ。

 劇場はHessisches Staatstheater Wiesbaden。初めての劇場は気分があがるねえ。席は二階のバルコニー最前列で視界良好。舞台も想像してたより近い!てか劇場がじつにこぢんまりとしてていい感じ。丁度チューリッヒ歌劇場くらいのサイズ感かな?
e0164774_2219529.jpg

e0164774_22201850.jpg

e0164774_22203771.jpg
これなら大劇場で歌うより喉にも優しいかもねえ〜とか開演前は思っていたのだが・・・

Conductor Alexander Joel
Director Uwe Eric Laufenberg

Siegfried; Andreas Schager
Gunther; Matias Tosi, Samuel Youn
Alberich; Thomas de Vries
Hagen; Shavleg Armasi (当初はAlbert Pesendorferがキャスティングされていたが体調不良で降板)
Brünnhilde; Evelyn Herlitzius
Gutrune; Sabina Cvilak
Waltraute / First Norn; Bernadett Fodor
Second Norn; Silvia Hauer
Third Norn; Sabina Cvilak
Woglinde; Gloria Rehm
Wellgunde; Marta Wryk
Flosshilde; Silvia Hauer

 もう冒頭の主役二人の二重唱でじんわり涙と、そして笑いが込み上げてしまう。なんという声量・なんというパワー。劇場の空気が太鼓のように響き渡る。人間ってあまりにも凄いものを観たり聴いたりすると笑うか泣くかしてしまうんだなあ〜と思った。あとはもう推して知るべし。がつんと冒頭やられたあとはそのまま物語の世界に入り込んでしまって、言葉がわからないことも全く気にならない観劇体験だった(ちなみに字幕はあったがドイツ語だけw)。本当に時々だけどこんな感覚になるんだよねえ。まだ数えるほどだけれども。

 演出はバイロイトほどわけわからんことになってなく、適度に現代的できちんと物語との整合性があって違和感なかった。こういうのも入り込める要素だよな。あんまり読み替えが過ぎる演出だと頭に中に<?>が出てしまうんだもん。
e0164774_2221182.jpg
e0164774_2221222.jpg
  惜しむらくは自分の体調。3幕目の最後、ジークフリートが絶命してしまってからは目が覚めてはいるんだけど、ちょっと脱水+酸欠みたいでぼーっとなってしまった。劇場が小さい上、外は雨で湿度が高く、幕が進むごとに暑くなってきて汗をたくさんかいてしまったせいかもしれない。ワーグナーは演じる方はもちろん、観る方にも体力気力を要求するねえ、全く。
[PR]
by tigersandcatlover | 2017-05-07 22:51 | 17/ZRH MUCバイロイトLA NY

Werther@Zürich

 ここほんの数年のことだけれども、METやヨーロッパのオペラハウスの来季の演目が発表されると、自分が休める日に気になる演目がないかな〜とチェックするようになった。妄想で終わってしまうこともあるし、観劇が実現することもある。で、今回のGWはそんな感じでごりごりと実現させてしまったオペラはしご旅をしてまいりました。かなり動線無視で無駄の多い移動をしまくっての旅程ではあるけれど、あくまで目的は舞台だからしゃあない(のか?)。

 で、まず一本目はこちら。
e0164774_23411270.jpg
チューリッヒ歌劇場のWertherであります。

 この日のチューリッヒは快晴!でも一週間前には雪が降ったらしく、湖の向こうに見える山々はしっかり雪景色だった。
e0164774_0433691.jpg
 で、オペラハウスはその湖沿いにあるのよね〜。本当に気持ちいい立地やわあ。
e0164774_047955.jpg


Conductor;Cornelius Meister
ProducerTatjana Gürbaca

Werther; Juan Diego Flórez
Charlotte; Anna Stephany
Sophie; Mélissa Petit
Albert; Audun Iversen

 初めてチューリッヒでオペラを観たのが5年前。そのときはフローレスとヌッチが出演するRigolettoだったなあと懐かしく思い出しながら(→そのときの日記)。実は今回最初のチケットを買ったのはこの演目で、去年の6月の発売初日に旅行先のバスの中でドキドキしながら購入したのを覚えている。そんなわけなので1列目ガン見席確保(笑)。オケとの融合とかなんとかもういいの。フローレスの声を一番近くで聴きたかったんだもん。

 で、感想。

 舞台の上に白木の小さな部屋が作ってあるのだけれど(客席まで木の匂いがしていた)、たくさんのドアや棚がしつらえてあって、そこですべての物語が進む。ソフィーやなぜかアルベルトが洗濯物畳んだり、一幕二場がなぜか老人ホームの慰安会みたいになったり、ドアがたくさんありすぎて二幕一場のアルベルトの家のときにどこからウェルテルが入ってくるのかむっちゃドキドキしたり、二幕二場のウェルテルの家のシーンではドアの外の雪が見えてるのかと思ったら宇宙からの星々と地球の映像がどーんと出て来たり、なんかこうやって書いてると不思議過ぎる演出だよね・・・。

 面白かったのが、ご老人を何人か登場させていたこと。一幕二場で哀しみに沈むウェルテルの頭をおばあちゃんがなでてあげたり。特にぐぐっと来たのが、一幕でウェルテルがインデアンハットを、シャルロッテが王冠ついたカチューシャを被って二人がダンスするんだけれど、最後のウェルテルの部屋に老カップルが登場してそのかぶり物を被って踊るの。少しおぼつかない足取りで、でも温かく手を握り合って。なんかその姿をみたときに、ぶわっと涙出た。ウェルテルとシャルロッテも二人でこうやっておじいちゃん・おばあちゃんになっていたのかもしれないんだよな〜(下のカーテンコールの写真、後ろにそのおじいちゃんおばあちゃんが写ってます)。

 つらつらとこんな感じなので、前半はぷぷぷと笑えてしまって困った・・・。特にフローレスがまた可愛らしいので。そう、まるで彼に当て書きしたみたいな演出でキャラはすごく合ってたと思う〜。ただ声的にはドンピシャな役ってわけではないんだろうな、うん。でも実に実に彼らしいWertherだったなあ〜と後からしみじみ思い出したりしてる。
e0164774_0415265.jpg
 そうだ、褒めてばっかりじゃなくてちょっと演出に苦言。二幕のウェルテルの一番聴かせるアリアの最後手紙燃やす演出で、一度め火がつかなくて、一番歌に集中せんならんとこでつけなおししててハラハラしたよー。それにどばっと火と煙でて喉に悪いやんか!と思っちゃった。あれはもちょい考えて欲しい〜⇦って単なるファン目線ですね、はい。
[PR]
by tigersandcatlover | 2017-05-07 00:48 | 17/ZRH MUCバイロイトLA NY

Siegfried in HKG

 香港なら土曜日仕事終わって一泊三日で月曜の朝戻るってことができるよなあ、と以前からぼんやり考えてはいたけれど、さすがにちょっとしんどいかしらんね、と実行に移したことはなかった。のだけれども。

 Zweden率いる香港フィルが4年かけて完成させるリングチクルス。今年は日曜日に上演があるってんで、ちょっくら行ってまいりました。まさに弾丸。
e0164774_2041862.jpg
 香港には何度か来ているけれども、文化中心ホールには初めて入ることになるなあ。以外にこじんまりしていて、ちょっと木の感じがよくて、椅子が少々ちゃっちいw。でも音は平土間でもいい感じに聴こえて来た。サイズがいいんだろうな。

指揮:Jaap van Zweden

Siegfried; Simon O'neill
Brünnhilde; Heidi Melton
Mime; David Cangelosi
Alberich; Werner van Mechelen
Wotan; Matthias Goerne
Erda; Deborah Humble
Fafner; Falk Struckmann
Woodbird; Valentina Farcas

 もーう、ミーメに釘付け。彼が死んじゃうのが哀しく思えるくらい。しょっちゅう水で喉を潤しながらの熱演。アルベリヒも声が男前ってのもあって、なんかニーンベルグ族が主役みたいに思えちゃった。ファフナーもよかったなあ。逆にジークフリートとヴォータンが少々弱く感じてしまって、去年の春祭のときの印象とガラッと変わってしまった感。まあ、そりゃシャーガーさんは絶品だったものねえ。
e0164774_2055146.jpg
 その一番拍手を貰っていたかも、のミーメ(一番向こう)と声も身体の厚みもど迫力のブリュンヒルデ(向こうから二人目)。

 食べたもの記録。今回はなんやかんやとわいわいと友人達が現地集合現地解散にて集まっていろいろ美食。私は一番最後に合流したので実質みんなでご一緒できたのは土曜の夜と日曜の飲茶だけだったけど。

9時からの宴に10時過ぎに合流。焼きそばには間に合った!w
e0164774_2123284.jpg
深夜の甘いもの。
e0164774_2101668.jpg
朝食は前日マカオに行った友人が買って来てくれたエッグタルト。
e0164774_2141949.jpg
10時から飲茶へ突入。食べる食べる!
e0164774_2145148.jpg
終演後空港で麺二連発。
e0164774_2153091.jpg
e0164774_2155070.jpg
 我ながら酔狂だなあとは思ったけれど、わいわいと美味しいもの食べてこのお値段(1万円しなかった)でこのレベルでのオペラがコンサート形式とはいえ観れて、と癖になりそうな楽しさでありました。来年の神々の黄昏も日曜日上演ってことで、一応手帖にはマーク入れとこっと。
[PR]
by tigersandcatlover | 2017-02-01 21:08


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH MUCバイロイトLA NY

タグ

(148)
(123)
(96)
(85)
(63)
(37)
(34)
(23)
(19)
(13)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
Regina×マダム松澤...
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧