カテゴリ:医療のハナシ( 1 )

入院グッズ考

 震災15年目の節目に避難グッズをあれこれ考え直す機会があった。でも短期戦に必要なものと長期戦に必要なものは違うし、自宅で過ごす場合と避難所で過ごすため持ち出す場合でも変わってくる。また被災する場所によっても当然変わる。ああ、キリがない!そんなわけで、ごちゃごちゃと荷物を出したり入れたりしていたのだが、その時もう一つの緊急時のキャリーケースの中もついでに整理することにした。それは緊急入院グッズ。

 震災は一生遭わないで済む人もいるだろうが、残念ながら入院はこの限りではない。急病や事故で緊急入院したときに、家族が自宅にいるとは限らない。また男性ならば奥さんがやってくれるかもしれないが、逆の場合は?妻の衣類がどんな風にしまわれてるか把握している夫ばかりではないだろう。基本はホテルに宿泊するのと同じような感じ、と思っておられる人も多いだろうけど、意外なものが必要だったりするんである。こういうのって病院勤務しているときは当たり前のように思っていたのだけれど、今になると違和感を覚えるものもいくつかある。やはり第三者的な目は必要かもしれない。

 私が勤務していたいくつかの病院の<入院に必要なものリスト>を参考にちょっと転記してみるとします。

健康保険証、その他の医療受給者証 
服用(使用)中の薬や薬の説明書
印鑑(認め印)

湯のみ・箸・はきもの(スリッパは不可)・パジャマ・タオル・バスタオル・下着類
ティッシュペーパー・筆記用具・
シャンプー・リンス・石鹸・歯磨きなど洗面用具・洗濯石鹸


 納得できるものもあれば、ええ?そんなもの?と思うものもありませんか?

 まず忘れがちなのが印鑑。もう、入院になるとそれはそれはいろんな誓約書やら同意書でこれがないとどうしようもない。印鑑がなければ拇印ってことになるのだが、それもねえ。なので三文判でいいから入院用バッグにほりこんでおくといいかも。

 次に薬のこと。持病があって他院で薬を処方してもらってる人はそれを持ち込んで内服することになる。病院だから薬は出してくれるだろうと思われがちだが、実は昨今の病院はマルメと言って病名ごとに診療報酬が決められてしまうのでなるべく入院中に薬を出したがらないのだ。ちなみに検査も同じで、入院してるからついでにこの検査もして欲しい~というのもダメなことが多い。なんと世知辛いけれど、今の入院医療は診療報酬を押さえられてる分、余裕がないんだった。安かろう悪かろう、というのは嫌な言葉だけど、本当にそうだと思う。

 そして、ここからはちょっと悲しいというか情けない話になるわけですが、この余裕のない日本の病院というのは今の生活水準からいうとびっくりするようなことが<してもらえない>

 まずちょっと驚くのが湯のみや箸、ティッシュペーパーの下りだ。まあ、そういう人のためにちゃんと病院の売店にはそれらのものが売ってはいますけどね。なんかなあ。それくらい自前で持っていかなくていいようにして欲しいですよね。また、ここには箸としか書いてないが、もちろんスプーンもフォークも出ない病院が多い。しんどいときにお箸なんか使えないし、お粥が出てくることも多いからスプーンは必要。飲み物は病室ごとにお茶を配ってくれるにはくれるが、病院によっては日に数度しかもってきてくれないところもあるので、温かいお茶が飲みたければ小さな魔法瓶を用意したほうがいい。

 あと案外めんどくさいのが衣類やタオルの洗濯。ええ、洗濯も基本自分で(もしくは家族が持ち帰って)やるんですよ。だから家族が来れない患者さんには洗濯石鹸も必要。で、この院内の洗濯機ってえのがまた台数が少ないのよ!なので自分で洗濯する患者さんが同じ病棟に何人もいると待つこと延々という情けないことに。お金かかってもいいから全部まとめて病院でやってくれたらいいのに。面倒ということもあるが、汚物が着いてしまうことも多々あるわけだから。とりあえず、自衛策としてはパジャマは自前より借りれるなら借りたほうがちょっとでも洗濯しなくて済むかな。と言ってもレンタルのパジャマはペナペナで薄いので、この季節にはもう一枚カーディガンなどの羽織るものは必需。あと下着は使い捨てれるくらいたくさん持参すべし。タオルに関してはお風呂はある程度元気にならなければ入れないので、バスタオルはそれほどいらないかな。退院直前に一度入れればいいほうかも、なのでとりあえず一枚あったらいいんでは?ただ清拭には患者さん自前のタオルを使われることが多いので、小さめのタオルはたくさんあって困ることはない。ちなみに銀行の景品で貰うような薄いタオルが一番清拭には向いとります。

 最近手術のための入院生活を経験した看護師さんに訊いてみると、S字フック(ベッド柵にゴミ袋をかけられると便利)、安全ピンか髪を留めるためのクリップのようなもの(レンタル病衣は襟元が開いてしまうのでそれを留めるため)、自分の耳にあったコードが長めのイヤホン(テレビがベッドからやや離れているため)、洗濯バサミ(トイレにタオルやエアータオルのようなものがないため、そのつどタオルを手早く持っていって、また乾かせるように)とつらつら~と上げてくれた(経験者にはきいてみるもんだ)。

 その彼女の目から見ても、病棟の看護師さんたちは余裕があまりなくて、患者さんが快適に過ごせるようにという配慮は残念ながらできていなかったらしい(そんな風にいうと、それは看護師の仕事じゃない、と言われそうだが)。ちなみにその病院は某地域の基幹病院だから、決してそこだけがそんな残念な状態というわけでもないと考えたほうがいいだろう。

 さっきの入院中の薬や検査の話じゃないけれど、一事が万事で本当に最低限のことしか病院ではしてもらえないというのは、肉体的・精神的に結構堪える。hospital(病院)とhospitality(もてなし)は語源的には同じ言葉。それが空しく思えないようになって欲しいなあ。

☆上記のリストはあくまで実例で、施設によっては寝巻きは全員病院指定のもの着用のこともあるし、箸は用意してくれるところも多いです。 またもちろん病状によって不要なものもあります。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-01-20 21:32 | 医療のハナシ


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH MUCバイロイトLA NY
18/ベルリン・パリ

タグ

(148)
(132)
(97)
(93)
(63)
(40)
(35)
(24)
(19)
(16)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
マダム松澤のクリスタルルーム
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧