カテゴリ:国内旅行( 44 )

ホテルリッジに泊まる

 
e0164774_94402.jpg
ぐんと寒くなる前の週末に、鳴門の海岸沿いにあるホテルでだらだらしてきました。我が家から車で一時間ちょいの逃避行。10室しかない部屋はどれも一棟に一部屋の贅沢なつくりで、まるで小さな集落のよう。
e0164774_8533383.jpg
 和室にしたのだけれど、畳に座り心地よいソファで、ちょっと真似したい感じ。

 笑ったのはミニバーの品揃え。
e0164774_921135.jpg
 ほぼオーツカ(笑)。さすが大塚王国だわあ。ちなみにすべてコンプリメント。SOYSHって初めてみた、ので飲んでみたら、オロナミンCに豆乳混ぜたようなお味でありましたww

ともかくどこからも素晴らしい眺め。部屋のソファでだらだらしながら夕日を、早く起きて部屋のお風呂で朝の光を、夕食のときには漆黒の闇を、朝食ではすがすがしい空を。美味しいものもスパもエステも、とがっつり楽しんだけれど、一番の至福はこの眺めだったと思う。
e0164774_8512339.jpg
e0164774_964214.jpg
e0164774_963126.jpg
 また来よう、っと。

ホテルリッジ
[PR]
by tigersandcatlover | 2014-12-05 18:11 | 国内旅行

里帰り気分の週末;集落丸山

e0164774_13392311.jpg
 丹波篠山の小さな集落にある古民家を利用した宿泊施設で秋の週末を過ごした。詳しい情報的なものはこちら(→集落丸山)をご覧になってもらったほうが分りやすいと思うのでパス(笑)。古民家といっても、きちんと古さを残して、水周りなどはリフォームが施されていて快適。

ちょっとだけディティールの写真をば。

土間に
e0164774_13394466.jpg
タイル式のお風呂(蒔で炊く五右衛門風呂だった)に
e0164774_13395955.jpg
古いネジ式の鍵に
e0164774_13401274.jpg
生け花が映える明かりの優しい空間。
e0164774_13403285.jpg
e0164774_13402439.jpg
やー、懐かしい。と言ってもこういう家で育ったわけではないのだけれど。

 夕飯は800mほど離れた場所で蕎麦懐石に舌鼓をうち、わいわいと一つの部屋に集まって夜更かししておしゃべりし、朝は近所のお母さんたちが朝食を作りに来てくれてご飯の炊ける匂いで目が覚める。
e0164774_13404625.jpg
 また帰って来たい、そんな場所でありました。
[PR]
by tigersandcatlover | 2013-10-29 13:41 | 国内旅行

東京駅近くに泊まる

 ここ一年のあいだにリニューアルされた東京駅近くのホテル2軒に泊まる機会が続いたので、ちょっぴりメモ。

 まずは2012年5月にリニューアルオープンした、皇居そばのパレスホテル東京。スタンダードなツインの部屋に宿泊したのだけれど、一番の好印象はズバリ「テラス」。都心でこんな気持ちいい風が楽しめるなんて!
e0164774_2203832.jpg
この日は春の嵐吹き荒れた夜だったのだけれど、部屋の中はもちろん静かで快適。夕食は地下のレストランからテイクアウトしてオペラのDVDみたりと、楽しい引きこもりと相成りました。

 嵐過ぎた翌朝のテラスからの眺め。気持ちいい!
e0164774_22103782.jpg
 部屋のインテリアはこんな感じ。スタイリッシュだけど尖りすぎてなくて落ち着く~。
e0164774_220535.jpg


 お次は2012年秋にリニューアルされた東京ステーションホテル。こちらはロビーの一角。フォトジェニックじゃあないですか?
e0164774_2282688.jpg
泊まったのは皇居が臨めるほうの部屋。こういうクラシカルなインテリアって一歩間違うと安っぽくなるんだけど、ここはモダンとのバランスがなかなかいい感じ。
e0164774_2213821.jpg
 あとなんといってもよかったのは天窓からの光が気持ちいい4階のアトリウム。宿泊者限定で朝食はここでとることができる。
e0164774_2263857.jpg
 余談だけど、駅の上だけあって廊下が長い!!京都駅のグランビアホテルのなが~い廊下を連想しちゃった。

 東京には魅力的なホテルがたくさんあって上京も楽しいな。
[PR]
by tigersandcatlover | 2013-04-15 22:11 | 国内旅行

今年もカニ食べいこう~♪

e0164774_22312827.jpg
 タイトルどおり(笑)の会話があれこれあって、今年も行ってまいりました、カニ旅行。去年と同じ時刻発の特急こうのとりに乗ってはるばる約3時間半の行程。宿もおんなじ、料理もおんなじ。もはや恒例??(→昨年のカニ旅行)。なんかデジャヴ、だわ。

 今年のお部屋の鍵はこんなん。
e0164774_22315259.jpg
 翌朝はサロネン+フィルハーモニアのコンサートのために朝9時前の列車でとんぼ返り。まさにカニを食べるためだけに往復7時間近くかけて出向いたことになる。なんたる贅沢、なんたる酔狂。

 しかしまだ私は宿泊しただけマシともいえる。というのも、この時期近畿圏から日帰りカニ旅行プランってえのをJR西日本は企画していて、その名も「かにカニ日帰りエキスプレス」。職場のスタッフも何人か毎年それでカニを食べにいくのを楽しみにしている。朝出発して、昼にカニ食べて、温泉入って帰ってくるというものすごいハードスケジュール。おそるべし関西人のカニにかける情熱よ。日帰り観劇遠征なんて可愛いもんだよねえ(え?一緒にしたらあかんて?)。
e0164774_22321172.jpg
ホンマによう来たわ、我ながら(笑)。
[PR]
by tigersandcatlover | 2013-02-05 22:41 | 国内旅行

夏の終わりの小旅行

e0164774_21334045.jpg
2年前の晩秋に訪れてすっかり気に入ってしまった
瀬戸内海のオーベルジュへ再訪して来ました。

まだ真夏日で残暑厳しかったけれど、空だけは確実に秋に変わってたなあ。

寒い季節にはタイル敷きのバスルームが寒々しくてゆっくりできなかったり
屋上で夕陽を眺めることもかなわなかったので
今くらいがちょうどいいかもしれない。
あ、ただ虫の声がうるさいくらいで夜の波音がかき消されるようだったっけ。

ちなみに17時半ごろから1時間のあいだが絶好の夕暮れ時。
なので夕食の予約は19時以降にしたほうがいい。
とちょっと自分メモ。

AUBERGE de OOISHI

前回訪問時の日記→1) 2)
[PR]
by tigersandcatlover | 2012-09-11 22:00 | 国内旅行

北の大地で美食三昧

 朝カーテンを明けると、そこは白銀色の世界。
e0164774_21252379.jpg
と言っても自宅からの景色じゃありません。

 美味しいご飯食べに行こう、との友人の魅惑的な誘いにホイホイと乗って札幌へ行ってきたのだった。

 土曜の夜はすすきのの小さなお鮨屋さん。カウンター席だったのと食べることに夢中だったのとで、店や料理の写真は一切なしw。鮨屋と言うより、極上の酒の肴屋さんといった風情だったな。ちびちびといろんな小鉢を味わいつつ、酒を舐めつつ。

 翌日は居心地のいいイタリア料理屋さんoggi にて。
e0164774_212767.jpg
窓の外の雪に反射した光のせいか私のヘタクソな写真でも、お皿が出たときの「わ~おいしそう!」という声が映り込んでる気がする。これぞ雪のレフ版効果なり。以下はお料理の一部。

 雲丹のパスタと
e0164774_21274981.jpg
メインの牛ほほ肉の赤ワイン煮。
e0164774_2128519.jpg
このほかに白子をふわふわに揚げた前菜とイカ墨のパスタに白玉入りのパフェにビスコッティなどのプチフール。昼間っからシャンパンにシャルドネと共にゆうるりと楽しんだ。

 おまけ。雪祭り前日の風景。
e0164774_21314228.jpg
15年ほど前にスキーの帰りの夜遅くに酔っぱらいながらちらと見たことがあるが、それ以来。翌日からはもっと混雑するらしいけれど、この日は適度なにぎわいでちょうどいい感じ。お天気もよく、絶好の観光日和でありました。いろんな魅惑的な屋台が出ていて、昼食前の空腹時にその間を抜けて行くのには強烈な意思の力が必要だったけど(笑)。
[PR]
by tigersandcatlover | 2012-02-06 21:34 | 国内旅行

カニ食べいこう〜

e0164774_21383128.jpg 週末、日本海へ蟹旅行してきました。

 特急こうのとり に乗って2時間半の城崎から、さらに山陰本線のワンマンカーに乗り換えて20分の小さな港町;柴山。目的はもちろん、松葉ガニ!

 今回宿泊したのは甲羅戯という、柴山駅の改札を出て30秒(も、駅の中にあるんちゃうかというくらい近い<笑)ほどの宿。20室ほどの、こじんまりとした・けれどこのあたりでは大きな規模の宿は適度に近代的で手入れも行き届いていて居心地がよい(正直、由緒正しい伝統的な旅館のような宿はちと苦手だったりするので)。松葉ガニの中でも100以上にランク分けされた中で1~7番までの上質なるものを「番カニ」と呼ぶのだが、その番ガニが入ったコースを夕食に用意してもらった。
e0164774_21434053.jpg
左の皿の蟹ミソを白菜につけての一品がむちゃくちゃ美味しかった〜〜(←蟹ミソ好き)。

 番ガニのアップ。
e0164774_21451681.jpg
さすがにここから下は番ガニではありませんが、刺身のまま食べてもよし、鍋にしてもよし、
e0164774_21461577.jpg
焼きガニにしてもよし。
e0164774_21464635.jpg
 宿の了承を得て持ち込みした白ワインで顔を赤らめながら、雑炊までしっかりいただきました。

e0164774_222258.jpg こちらは部屋の鍵。一つずつの部屋にいろんな動物の名前がついていて、すべてそれに合わせてオリジナルのキーホルダーがあつらえてあった。私たちの部屋は かすみ(香住)ガエル。

 食後は部屋のこたつでぬくぬくしながらおしゃべりしたり、DVD観たり。一歩足りとも宿から出ることなく。え?町中散策?観光??いや〜そんなところ、全くないねんてば。

 城崎のように洗練された観光地もいいけれど、蟹に特化したこういう旅行も潔くていい。またぜひ嬉しい恒例旅行にしたいものです。
[PR]
by tigersandcatlover | 2012-01-23 22:16 | 国内旅行

倉敷へ小旅行

 ここ数年、秋に中国~四国地方のどこかへ旅行することにしている。今年は倉敷。
e0164774_20474190.jpg
e0164774_2132320.jpg
 宿は旅館くらしき。5部屋しかない小さな旅館。
e0164774_20501383.jpg
米蔵を改装したという二階にある巽の間に泊まった。棟方志功や司馬遼太郎がよく泊まっていたらしい。

 この階段を登ると部屋がある。
e0164774_20505929.jpg
 ベッドルームは妙に落ち着く屋根裏風。
e0164774_20521352.jpg
 お座敷。
e0164774_2053099.jpg
 旅館のいいところは部屋食だよね!とばかりにこのお座敷でテレビ観ながらワイン空けながらだらだらと夕食。極楽極楽〜〜。
e0164774_20533069.jpg
 翌日は大原美術館など。
e0164774_20534895.jpg
 こんな風に修学旅行に選ばれるような、ベタな観光地もたまにはいいな。小学生のときの伊勢神宮、中学の長崎〜阿蘇〜熊本をぐるりと回った九州、高校のときの小岩井牧場や十和田湖を回って青森までの東北、なんかを再訪してみるのも楽しそう。とここまで書いて、いろんな意味で少ししんみりもしてしまったけれど。
[PR]
by tigersandcatlover | 2011-12-01 21:00 | 国内旅行

シェラトン広島に泊まる

e0164774_16291567.jpg 博多から約1時間。深夜に新幹線みずほで到着したのは広島であります。

 新幹線口を降り立つとすぐに見えるのが今回の宿泊先、シェラトンホテル広島。今年三月にオープンしたばかりの真新しい匂いのするホテル。

 エントランスを入るとサーヴィスデスクがあるだけで、そこからエレベーターで7階に上がる。カフェやインターネットができるスペースの間を縫ってさらに奥まで行くとそこがフロントになっていた。客室にはそこからカードキーによるセキュリティ完備のエレベーターで昇る仕組み。

 部屋はスタンダードツイン。
e0164774_16354724.jpg
部屋に入るとまずドドンと洗面台!という構造にびっくり。ち、ちょっと落ち着かない・・・。当然ベッドのほうからも脱衣姿や洗面姿が丸見え。おしゃれなんだけど、せめて必要に応じてスクリーンでやわらかに仕切れるようにくらいはして欲しいな~。他にもいくつか女性目線に欠けた部分があったのが少々残念。
e0164774_16361771.jpg
DVDプレイヤーあり(BDではない)。余談だけれどテレビは東芝だった。ちょっと珍しい気がする。
e0164774_16371147.jpg
 あと面食らったのが、ルームサーヴィスに一回あたり1000円の届け料を取るというシステム。もちろんサーヴィス料10%は別途チャージなのだ。チップと考えてもあまりの値段ではないか。もちろんそんなわけで今回利用はしなかったが、そんなに注文して欲しくないんだったら(そうとられてもしかたないよね)いっそルームサーヴィス辞めちゃえば??と思ってしまった。

 でもま、それ以外(って結構けちょんけちょんに書いてるけどw)は部屋もなかなか快適やったし、ラウンジはそこそこ充実していたし、スタッフもまだ完全には慣れていない風ではあったけれど、好感がもてた。

 部屋からの眺めは開放的。
e0164774_16391556.jpg
ちょうどマツダスタジアムが見渡せてワクワク(えっ?)。
e0164774_16393263.jpg

[PR]
by tigersandcatlover | 2011-09-21 16:40 | 国内旅行

セントレジス大阪~飲食編

 すいません、長々と嬉しがってのホテルレポはこれで終わりでありますよ。

 さてセントレジス大阪内のレストラン&バーは12階にあるメインダイニングのイタリアンレストラン ラ べデュータ、同じく12階のセントレジスバー、そして一階の通りに面したフレンチビストロ ル ドールの三つ。せっかくだから全部行っとこ!と思ったわけでもないのだが、結果的に三箇所とも一応足を踏み入れてみた。となんだか曖昧な書き方をしてしまったのは、バーは特典のカクテルを飲んだだけだし、ビストロは朝食を食べただけだし、イタリアンに至っては遅めの朝食をがっつり食べてしまった後、遅れてチェックインした友人に付き合って軽く食べただけ。なので、きちんと堪能したとは言い難いのだった。でもま、それはそれ(笑)。

 まずはバー。
e0164774_13381586.jpg
e0164774_134304.jpg
無料のカクテルはブラディマリーのセントレジス大阪特別バージョン;ショーグン・マリー。ええと、セントレジスNYが発祥のカクテル;ブラディマリーに+ちょっぴりのジンにお醤油とゆずとグラスの縁にわさびがうっすらと。ゆずのせいで飲みやすいんだけど、それが少々危険ではあるな・・・。
e0164774_13391087.jpg


 次はルドールでの朝食(店内の写真は失念)。ブッフェとテーブルサーヴの混合タイプでありました。飲み物と卵料理とサラダは持ってきてもらえる。ブッフェが苦手な私にはありがたい~。私はフォアグラ入りオムレツを、同行者はキャビアのせココットを卵料理に選ぶ。
e0164774_13432462.jpg
e0164774_13434212.jpg
ちょっと笑ったのが巨大なカフェオレボウル。手に持っていると小さな子供になったような錯覚に。大きさがわかりやすいようにホテルのカードキーと一緒にパチリ。
e0164774_1344458.jpg


 そして、メインダイニングのラ べデュータ。L字型の店内は意外にこじんまりしている。天井には超巨大なテーマパークもどきの照明が。
e0164774_13444087.jpg
そういや、ビストロのブッフエが並んでいた場所にも超巨大なスタンドがあったんだった。先述のカフェオレボウルといい、小人気分を味うのが今のトレンドなのか?(んなわけない)。

 前日に予約して席を用意してもらい、いざ店内に入ったものの、私は全くお腹が空いていない上に、遅れてチェックインしてきた友人もお腹の調子がイマイチでたくさん食べられないと言う。さあ、困った。だってランチメニューは最低3800円を始めとしたコース4種類しかなく、アラカルトは夕食のみなのだ。どうしようかねえ、ダメもとで訊いてみようかねえ、と「アラカルトは出来ませんか?」と尋ねると、厨房に確認しにいってくれたあと、「コースに入っている料理ならばできますよ」と言ってもらえてホッ。そんなわけで、二人で二品注文してそれをさらにシェアさせてもらうという(結局一人一品てことね)荒業に出ました。シェアと言っても、ちゃんと一人前を二つの皿に盛り付けてもらえたので悪くない選択だったかもしれない。

 こちらはバーニャカウダ(ま、普通?<爆)。
e0164774_13453716.jpg
 そしてカラスミのパスタ(これはかな~りいけた)。
e0164774_134692.jpg
 まじにこれで十分やったわ・・・(先述のとおり、写真は0.5人前であります)。

 そうそう、面白かったのが、ちょっと飲む?と相談していたところ、その後のエステの予約情報がレストランに来ていたらしく、「施術前のアルコールはお控えいただきます」と言われてしまったこと。

 あれ?夕食は?と思われる向きもありますでしょうね・・・。実は夕食は、まったくホテルを利用せず済ませてしまいました。それはまた次の機会に。
[PR]
by tigersandcatlover | 2010-12-15 17:43 | 国内旅行


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH MUCバイロイトLA NY
18/ベルリン・パリ

タグ

(148)
(132)
(97)
(91)
(63)
(38)
(35)
(24)
(19)
(15)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
マダム松澤のクリスタルルーム
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧