カテゴリ:その他の舞台( 182 )

Water by the spoonful

e0164774_11032946.jpg
 尾上右近くんがストレートプレイに初挑戦するという作品を観てきた。
 
 ピューリツァ賞作品を舞台化してオフブロードウェイで上演されたということだったが上演期間は一か月ほどで決して興行的に成功したわけではないんだろう作品。これをなぜ日本に持ってくる気になったのかな?と素朴な疑問を持ちつつ。物語の中に散りばめられている、俳句、盆栽、札幌、釧路といった断片的な日本(それは言葉で出てくるだけでやや表層的に感じた)。そういったものがきっかけになったのかな?と思ってしまった(さすがにそれだと浅すぎるけれど)。きっかけはどうでもドラッグはアルコール依存などともリンクして我々にも遠い他人事ではないはずなんだよなぁ。なのにどこか遠かったんだよね。上演時間中はむちゃ集中して引き込まれてたんだけど。

 男性が女性を演じるかたちのエリオットの産みの母・物語の中心ともいえるオデッセイを演じる篠井さんがよかったわぁ。逆に女性陣は部が悪く感じたかも。もう少し登場人物の出自の違いによるヒリヒリした感覚を理解していたら、ストンと来るはずの作品やと思った。

 エリオット演じる右近くんは前評判よりルフィぽさはなくて自然だったな。お葬式で泣くとこなんかは素に見えてもらい泣きしそうになった。しかしなんと複雑な感情をもつ難しい役を現代劇デビューに選んだことだよねぇ。そしてエリオット自体はハリウッドに行っても明るい未来が待ってるように見えないのも、切ないながらもリアルではあるね、うん。

 個人的にはちょうど観劇当日の朝、「コルトレーンの 至上の愛 が歯科で抜歯されてるときかかってたら嫌かも」、の話題をツィッターのTLで読んでたところに、不協和音と至上の愛についての台詞があって、ニヤリとしたことをメモしとくw

尾上右近 篠井英介 南沢奈央 葛山信吾 鈴木壮麻 村川絵梨/陰山 泰
[PR]
by tigersandcatlover | 2018-07-18 08:52 | その他の舞台

ニンゲンご破算

e0164774_20060700.jpeg

 大人計画の舞台;ニンゲンご破算 を観た。中村勘三郎丈(当時勘九郎丈)のために書かれたホンを15年ぶりに再演し、主役に阿部サダヲ氏をすえた公演。新感線の舞台を観たときみたいな巻き込まれ感。でももう少し軽い感じ。

 以下観終わってすぐにつらつらっとメモしたことだけ感想として羅列。

・もともと三幕だったものを二幕にして、でも休憩15分を挟んで3時間20分の長丁場。長い!のに長く感じないのが凄い。

・多部ちゃん、声がすっと通って気持ちいい。正直ぐだぐだで聞こえにくいキャストもいはったんやけど、彼女は何を言ってるかきちんとわかったもん。

・設定をネタバレした状態で観たのだけれど、サダヲ実之介の絶妙な違和感のなさ。カーテンコールの歩き方の自然さになんか感動してしまったわ・・・。

・荒川さんが古田新さんに見えたり、岡田くん演じる灰次がサダヲくんに見えたりした。

・最後の客席を照らす照明が真っ直ぐ眼に刺さる席で、眩しさにくらくらしながら、 ああ今実之介が観ている幻の舞台の先に私はいるんだなあ と妙に心がシンとした。

阿部サダヲ/岡田将生/多部未華子
荒川良々/皆川猿時/小松和重/村杉蝉之介/平岩紙/顔田顔彦/
少路勇介/田村たがめ/町田水城/山口航太/川上友里/片岡正二郎/
家納ジュンコ/菅原永二/ノゾエ征爾/平田敦子
松尾スズキ

[PR]
by tigersandcatlover | 2018-07-12 17:36 | その他の舞台

フィデリオ@新国立劇場

 フィデリオ@新国立劇場の初日を観てきました。カタリーナ・ワグナー演出。となるといやまたいろんな意味で話題になるんやろうな~、一筋縄ではいかへんのやろうな、とちょっと心の準備をしつつ。

 過疎ブログとはいえ、ネタバレにならない程度に感想羅列。

・2層式の舞台、と思いきや途中せりあがってきて3層式。第一幕はほとんどその3階部分で繰り広げられるので一階前方列の観客はかなり首がしんどかったと思われる。私は2階席だったのでその点は助かったが。逆に二幕の終盤一階部分で物語が進むのだが、私の席からでも舞台奥は見切れていたので3~4階からはなにがなんだか、だったかも。

・一幕目冒頭はピンクの花だったり、お人形だったりの可愛らしい雰囲気でマルツェリーネの石橋さんが声量豊かで聴かせてくれて、なかなか微笑ましいシーンになっていた。

・フロレスタンのグールドさんが一幕からずっと2階部分の牢獄にいて壁にチョーク?で絵を描き続ける。お疲れ様ー!と言う感じ。けれど全く疲れたようすもウォーミングアップできない様子もなく、二幕のGott! Welch Dunkel hier! は鳥肌モノの素晴らしさ。いや~来てよかった。

・一幕終わった段階では、意外に素直な演出だな、と思った私が甘かったことを後で思い知らされるw

・レオノーレ序曲第三番。これあとで夢に出てきそう・・・。

・まさか、これで終わるの?もういっちょどんでん返しないの?、という一縷の望みを胸に、半ば緊張しながらラストまで突っ走る。

・やー、さすがカタリナ、後味悪い~~!

・開演14時で終演16時40分との掲示があったが、幕切れは16時55分くらいになってしまっていた。まあ初日だからね・・・。一幕は時間通りに終わっていて、二幕始まりが5分おしていたから結局二幕がゆっくりペースだったのかな。

と、なんかまとまりない殴り書きになってしまった。好き嫌いはあるだろうし、私も決して好きとは言えないけれども、個人的にはここ数年のことだけれどもドイツでのオペラ観劇を何度か重ねて多少の免疫はできた今、こういうのが日本で観られるってのはちょっと嬉しい。逆にドイツ的演出だからと手放しに喜ぶのも違うとは思う。好き・嫌いをはっきり表明してもいいし、わかった風なことをいう必要もない。後味悪いのに愉快、という相反する可笑しな気持ちで、次の観劇のためにブー響く中(日本のオペラファンがここまでブーを飛ばすのを聴くのは初めてかも?)、劇場をあとにしたんだった。

フィデリオ

作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

台本:(初版)ヨーゼフ・フォン・ゾンライトナー

(第2版の改訂者)シュテファン・フォン・ブロイニング

(第3版の改訂者)ゲオルク・フリードリヒ・トライチュケ

指揮:飯守泰次郎

演出:カタリーナ・ワーグナー


【キャスト】


ドン・フェルナンド:黒田博

ドン・ピツァロ:ミヒャエル・クプファー=ラデツキー

フロレスタン:ステファン・グールド

レオノーレ:リカルダ・メルベート

ロッコ:妻屋秀和

マルツェリーネ:石橋栄実

ジャキーノ:鈴木准

囚人1:片寄純也

囚人2:大沼徹


[PR]
by tigersandcatlover | 2018-05-21 17:30 | その他の舞台

第56回大阪国際フェスティバル2018 チェネレントラ

 大阪国際フェスティバルの一環である、オペラ:チェネレントラ公演を観に久しぶりのフェスティバルホールへ。ええと、いつぶりかいな?と思って遡ったら2016 8月のオールスターバレエガラぶりやった。我ながらビックリ。

 GWに楽しみにしていたバスティーユでの観劇(パルシファル)がまるっと劇場装置の不具合でキャンセルになるという憂き目にあってしまい、オペラに渇望してたってのもあるかもしれないけれど、いやー楽しかった。ロッシーニはなんも考えんで音に乗れるなぁ。小柄な日本人ゆえの可愛らしさが生きる演出がまた良かった(ネズミの国の王子様の物語、みたいな)。

 実のところ、イタリア中心に活躍しているメゾソプラノの脇園さんだけが目当てでチケ買ったんだけど、彼女はもちろんとしてキャスト全体も合唱も予想以上によかった。特に王子役の小堀さん、聴きながらフロレスに脳内変換してたw いやそれが可能なレベル!(小柄でカーリーなカツラも王子を彷彿)あとは義父役の谷さんが歌いだしたときと厚みのある合唱でおおっとなった。日本人キャストでもここまで聴かせてくれるなら満足っす。今回一公演だけってのが勿体ないくらいだったわあ。

指揮/園田隆一郎
演出/フランチェスコ・ベッロット
演出補/ピエーラ・ラヴァージオ
舞台美術/アンジェロ・サーラ
舞台美術補・衣裳/アルフレード・コルノ
照明/クラウディオ・シュミット
合唱/藤原歌劇団合唱部
管弦楽/日本センチュリー交響楽団

キャスト/
〈チェネレントラ・灰かぶり娘〉アンジェリーナ:脇園 彩
〈王子〉ラミーロ:小堀勇介
〈従者〉ダンディーニ:押川浩士
〈男爵〉ドン・マニフィコ:谷 友博
〈姉〉クロリンダ:光岡暁恵
〈姉〉ティズベ:米谷朋子
〈家庭教師〉アリドーロ:伊藤貴之

2008年 伊ベルガモ・ドニゼッティ歌劇場"La Cenerentola"のプロダクション
[PR]
by tigersandcatlover | 2018-05-14 10:46 | その他の舞台

髑髏城の七人~極~修羅天魔

 ニザさま充の翌日はこちら。
e0164774_20091422.jpg
 7年毎の再演を繰り返し、さらには一年間花鳥風月の4つのバージョンを脚本演出違えて繰り出し、〆にがらりと変えて持ってきたのはなんと主役である捨之助もそのある意味対とも言える蘭兵衛もいないという荒業。で、始まってみると捨成分・蘭成分が見事に極楽太夫や兵庫や夢三郎に分散してて、デジャブのようなシーンが説得力もって繰り広げられる。すごいわ~いのうえさん・中島さん、やっぱり天才やわ。捨いなくてどうやって七人にするのかな〜というのもなるほどこう来たか、と膝を打つ。

 そしてなんといってもキャスティングの妙だなあ。天海さんのために書いたとしか思えないお蘭に、歌舞伎の香りがほのかに香る福士くん兵庫が捨っぽくてすんごくいい。兵庫のお兄ちゃんを善さんが演じたりしてるのもニクイし川原さんの清十郎はカッコいいし。劇団員や古田さんはもちろん鉄板。で、今回ええ誰これ!?と思ったのが夢三郎演じた竜星くん。幕間にググるとなんとひよっこでみね子のお父さんを捜してくれた警察官やってた子やん!あの朴訥そうな青年がこんなに化けるとは。あ、あとおまけでw小さい役なんだけど四季出身の原さんのシーンは大爆笑もの。これも一種の当て書きだよね、たぶん(髑髏党は〜強い〜〜♪←思い出し笑)。

極楽太夫:天海祐希
兵庫:福士誠治
夢三郎:竜星涼
沙霧:清水くるみ
カンテツ:三宅弘城
狸穴次郎衛門:山本亨
ぜん三:梶原善
<天魔王/織田信長:古田新太
迷企羅の妙声:右近健一
三五:河野まさと
贋鉄斎:逆木圭一郎
およし:村木よし子
波夷羅の水神坊:吉田メタル
浅黄:保坂エマ
清十郎:川原正嗣
宮毘羅の猛突:原慎一郎

[PR]
by tigersandcatlover | 2018-04-27 20:32 | その他の舞台

マリア・ジョアン・ピリス ピアノリサイタル

 今シーズンで引退を発表しているピリスさんのリサイタルを聴いてきた。ベージュの少しハイネックなゆるりとしたカットソー?に深緑のロングスカートにトレードマークの銀髪のショートカット。華奢な少女のような姿からは想像できないような力強い演奏。2015年の11月にも演奏してくれたピアノソナタ32番の第二楽章を聴いているとき、不思議とこの10年くらいのことがぐるぐる思い返された。ホント、10年前までは自分がこんなに舞台や音楽を楽しむことになるとは思わなかったよなあ。

 アンコールのあとも鳴りやまぬ拍手に何度も何度も頭を深々と下げて感慨深い表情を浮かべる彼女の姿にじんわりしてしまった。ふっと気がかわってまた演奏会してくれたりしないかな。

  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 op.13「悲愴」
  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2「テンペスト」
  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111
     アンコール;ベートーヴェン:六つのバガテル第5曲 ト長調 Op126-5

[PR]
by tigersandcatlover | 2018-04-17 17:12 | その他の舞台

諸神的黄昏@HKG

e0164774_20372301.jpg
 昨年のジークフリートに続いてZweden率いる香港フィルによるGötterdämmerungを聴いて参りました。またしても一泊三日、すなわち土曜夕方出発して月曜朝帰国〜そのまま仕事という無謀なパターンにて。

 当初はそこまで熱烈に行きたい!と思ってなかったんだけれども、チケット発売から少ししてやっぱり行くか〜てなノリで購入したので端っこ席しか残っておらず、真横から聴くような形になってしまった。こうなるとどうしても歌手の声が前に出てこない。しかも少々二階席の屋根が被ってしまうために音響もやや落ちる。・・・のだが!まーあ、そういうハンディなぞなんのそのの演奏だった。逆に歌手が前面に来ない分、オケの音中心で聴けてこれまでと違う感覚だったというのもあるかもしれない。

 とにかく一番引き込まれたのはバークミン演じるブリュンヒルデ。ああ、リングってブリュンヒルデの物語なんだなあと思わせれるくらいに。ショートボブでそれほど大柄ではない体格からどうやってあんな声が出るのだろう?最後の最後までスタミナ切れることなく声の演技だけで(私の席からは姿はあまりよく見えなかったのだった)情景が浮かんでくるようだった。

 それに対して七三分けの60年代アメリカホームドラマの主人公みたいなルックスのブレンナ氏はコンサート形式なんだけどずっと細かい演技をしていて面白かった。他のキャストはあまりそれに呼応してなくて一人でわちゃわちゃ動いていたってのもあるけど。声が軽いかな〜と思っていたけれど三幕後半のクライマックスあたりからはぐぐっと重い声に変わって、あ、前半は能天気なジークフリートを声で演じていただけだったんだ、とあとから気付くなど。

 ハーゲンのエリックさんは少々しんどそうに半分くらい椅子に座っての出演だったけれど、歌声は全くしんどそうな気配も見せず。バークミンさんの次に大きい拍手を受けていた。

Conductor Jaap Van Zweden

Siegfried; Daniel Brenna
Gunther; Matias Tosi, Shenyang
Alberich; Peter Kalman
Hagen; Eric Halfvarson
Brünnhilde; Gun-Brit Barkmin
Gutrune; Amanda Majeski
Waltraute: Michelle DeYoung
First Norn; Sarah Castle
Second Norn; Stephanie Houtzeel
Third Norn; Jenufa Gleich
Woglinde; Eri Nakamura
Wellgunde; Aurhelia Varak
Flosshilde; Hermine Haselböck

 数少ないワグナー実演観劇で、なぜだか一番数聴いてるのが神々の黄昏ってことになってしまっているのだけれど、ようやくミュージカルでリピートしてる作品のように物語が・旋律が自分の中に染み込んで来た気がする。次はいつ観れるだろうな〜。



[PR]
by tigersandcatlover | 2018-01-27 21:05 | その他の舞台

フィリップ・ジョルダン指揮 ウィーン交響楽団

 フィリップ・ジョルダン氏指揮のウィーン交響楽団来日公演を聴きに芸文へ。次期ウィーン国立歌劇場の芸術監督になることが決定したジョルダン氏。オペラで幸い二度彼の振る舞台を観る機会(バスティーユでのホフマン物語とバイロイトでのマイスタージンガー)があったが、オーケストラは初めてですんごい楽しみにしていた。長い手足で伸び上がるようにしたりかがんだりしたりしつつの美しい指揮姿。ちょっと見とれてしまったわあ。

 ところがどっこい異常に疲れていたこの日。なんと後半のマーラー一番でうとうとしてしまう体たらく。まあ勿体ない。でもひょっとしたら、ちょっと折り目正しい感じに聴こえてしまったのかも。丁寧、というか。メンデルスゾーンのほうは樫本さんの超ハイペースさに目を丸くしつつ。

 アンコールのいかにもウィーンな選曲はのりのりで指揮がいらないくらいの感じでさすがお過芸だなあ。そーいや、前回大野さん指揮でここで演奏したときも同じような感じでアンコール演奏やってなかったっけかと思って昔のブログを確認したらなんとマーラー5番のあとに三曲やってたわ(▶︎
)。

指揮 ウィーン交響楽団(兵庫県立芸術文化センター大ホール)
   メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
    ヴァイオリン 樫本 大進
    ソリストアンコール:バッハ:無伴奏パルティータ第三番よりルール
   マーラー:交響曲 第1番「巨人」
    アンコール:シュトラウス:トリッチトラッチポルカ
                 雷鳴と稲妻

[PR]
by tigersandcatlover | 2017-12-10 08:17 | その他の舞台

関西フィル&メネシスさん

 木曜日の夕方、仕事を一時間早じまいしていずみホールへ。目的はメネシスさんの演奏。前半に彼が演奏するのでどうしても遅刻できなかったのだけれど、なんとか開演5分前には席につくことができてホッ。

 シューマンコンチェルト、すんばらしかったー!前半で満足しまくってグレートなくてもよかった(って失礼だな)。途中にやけてしまうくらい凄かった。ゴーシュの印度の虎狩りみたいだああと思いながら聴いていた。力強さと温かさの混在。帰ってすぐに彼のシューマンコンチェルトが収録されてる最新アルバムをダウンロードして、折々にずっと流している。予習ももちろんいいのだけれど、生演奏を聴いてから復習するとそのときの情景が頭にふわっと蘇るんだよね〜。アンコールのバッハは鉄板でありました。

 後半のグレイトは冒頭あれこんな曲だっけ?と思うくらいタメが少ない出だしで、そのあとも早い早い。途中ジャズのように聴こえたりもしてなんか不思議なグレイトだった。こちらは別の意味で途中にやけてきてしまった。つくづく同じ楽曲でも演奏者と指揮でイメージかわるなあとようやくわかってきたかも。

シューマン;「マンフレッド」序曲 作品115
シューマン;チェロ協奏曲イ短調作品129
 ソリストアンコール;バッハ;無伴奏チェロ組曲 第1番ト長調BWV1007よりサラバンド

シューベルト;交響曲8(9)ハ長調D.944「ザ・グレイト」
 アンコール;ビゼー;アダージェット

指揮;オーギュスタン・デュメイ
チェロ:アントニオ・メネシス
管弦楽;関西フィルハーモニー

[PR]
by tigersandcatlover | 2017-11-26 09:08 | その他の舞台

沼尻竜典オペラセレクション ベッリーニ作曲 歌劇『ノルマ』

 オペラスキーの友人にマリエッラ・デヴィーアは素晴らしいよ、と薦められて、観ることにした一本。

 序曲でオケがあまりにもマイルドな演奏でハニャ~としたけれど、ポップが出てきたあたりから歌手の力に引っ張られてどんどん惹きこまれていった。デヴィーア、ほんまに素晴らしかった。冒頭ちょっと声が裏返った?と思ったけど、あとはコロコロ響かせてくれて、幕間に年齢チェックしてびっくり。とても70歳前とは思えない・・・。演技も細かくてまさにノルマを生きてるって感じだった。二幕はじめのアダルジーザとの二重唱なんかもう泣けてしまったわよ。

 日本人キャストの中では松浦さんがよかったなあ、というのも自分メモ。

沼尻竜典オペラセレクション
ベッリーニ作曲 歌劇『ノルマ』全2幕〈イタリア語上演・日本語字幕付〉


指揮:沼尻竜典 Ryusuke NUMAJIRI(びわ湖ホール芸術監督)
演出:粟國 淳 Jun AGUNI
美術:横田あつみ Atsumi YOKOTA
衣裳:増田恵美 Emi MASUDA
照明:原中治美 Harumi HARANAKA
舞台監督:菅原 多敢弘 Takahiro SUGAHARA

■キャスト

ノルママリエッラ・デヴィーア Mariella DEVIA
アダルジーザラウラ・ポルヴェレッリ Laura POLVERELLI
ポッリオーネステファン・ポップ  Stefan POP
オロヴェーゾ伊藤貴之 Takayuki ITO
クロティルデ松浦 麗  Rei MATSUURA
フラーヴィオ二塚直紀 Naoki NIZUKA
                

■管弦楽  トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア

■合唱  びわ湖ホール声楽アンサンブル/藤原歌劇団合唱部


[PR]
by tigersandcatlover | 2017-11-01 10:24 | その他の舞台


舞台と音楽と本と、ときどき旅行。


by tigersandcatlover

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

徒然やら日記やら
おでかけ
ミュージカル
歌舞伎・文楽
その他の舞台
読書
映画
野球(タイガース)
外食しました。
Sweets中毒
医療のハナシ
国内旅行
海外旅行 アジア
09/パリ・北欧・伊・VIE
10/AMS・パリ・VIE
11/NY・ロンドン・ドイツ
12/ ロンドン・スイス・NY
13/VIE・EDIetc・MUC・NY
14/NY・GVA・NY
15/NY・VIE・London・DRS
16/NY・SZGバイロイト・Paris
17/ZRH MUCバイロイトLA NY
18/ベルリン・パリ

タグ

(148)
(132)
(97)
(90)
(63)
(38)
(35)
(24)
(19)
(14)

リンク

フォロー中のブログ

むさじんの部屋
黒川雅子のデッサン  B...
♪♪♪yuricoz c...
別冊matc
vie naturell...
ひつじのお散歩
ひと呼んで、三毛猫ミヤコ。
バリ島生活を夢見て・・・...
liliaの 瞬間湯沸かし記
白日記
マダム日記デラックス2 ...
salon de luxe
SoCute, SoSw...
Mizuma Art G...
マダム松澤のクリスタルルーム
一寸先のキキ
Okei's Next ...
おいしい暮らしと楽しい記憶
ソプラノ 山口和子のブロ...

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新のコメント

こんにちは。 私も京都..
by desire_san at 08:38
みやさま いやホン..
by tigersandcatlover at 17:31
お奨めした手前、×だった..
by lilymiya at 14:20
みやさま 図書館待..
by tigersandcatlover at 16:21
図書館の予約待ちがなかな..
by lilymiya at 15:51
藍色さま コメント..
by tigersandcatlover at 15:56
なんとなくすっきりしない..
by 藍色 at 13:35
ユートーモさま コ..
by tigersandcatlover at 20:08
突然失礼します。 コン..
by ユートーモ at 17:20
あっくん どっちも..
by tigersandcatlover at 18:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
演劇

画像一覧